ビジネススキル

【誰でもできる】Excel Onlineのカレンダーの作り方とメリット

Excelでのカレンダーの作り方

突然ですがExcelを使ったことがありますか?
ビジネススキルでお馴染みのエクセルですが、今ではスマホでも利用できることができ、誰でも簡単に操作することができます。
Microsoftから無料で提供されているExcelを"Excel Online"と言います。

仕事で使う有料版のExcelに比べ、機能制限がありますが、基本的な表作成、計算、文字編集などの機能は使用できます。

Excel Onlineの最大の特徴は、
スマホで操作できる
共有機能がある
の2つです。

これらの機能によって、仕事以外でも使用することができ、日常生活の効率アップを図ることができます。

日常生活での使用例の1つがカレンダーです。
カレンダーアプリは数多くありますが、Excel Onlineでカレンダーを作ると他のカレンダーアプリよりも便利に使用することができます。

こちらが実際にExcel Onlineで作成したカレンダーです。

この記事ではExcel Onlineのカレンダーについて、次のことを解説していきます。

・Excelでカレンダーを使うメリット
・Excelのカレンダーの作り方
Excel Onlineを使いこなし、賢く生活しましょう。

Excel Onlineについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

・ Excel Onlineとは?始め方と使い方
・【徹底比較】有料版Excelと無料版Excelの違い

Excelでカレンダーを使うメリット

Excelでカレンダーを使うメリットは、カレンダーを他の人と共有できるところです。
共有とは、1つのファイルを複数の人や端末で編集や保存ができる機能です。

例えば家族全員が自分のスマホから、家族のカレンダーを見ることができ、それぞれの予定を記入することができます。

Excelのカレンダーの作り方

ここでは最初にご覧いただいたExcel Onlineで作成したカレンダーの、スマホを使った作り方を説明していきます。

実はExcelには、始めからカレンダーの表が保存されており、0から作る必要はありません。
ただ、そのまま使うには少し不便な部分があるので、おすすめのアレンジ方法を説明していきます。

準備するもの

事前に必要なものとして、次の3つが揃ってるいることを確認してください。

・Excel Onlineアプリのインストール(無料)
・One Driveアプリのインストール(無料)
・Microsoftアカウントの作成(無料)
Excel onlineアプリとOne Driveは、Apple storeもしくはGoogle Playからインストールできます。

One Driveとは、Microsoftが提供している無料オンラインストレージです。

Microsoftアカウントは、One Driveを使用するために必要です。
アカウントは、こちらより作成できます。(所要時間5分程度)
Microsoftアカウント作成

ファイルの保存

まずは、カレンダーファイルの保存からやっていきます。
Excel Onlineアプリを開き、画面下の「新規」をタップします。


ここでは、Excelに始めから保存されている色々な表を選ぶことができます。
このなかの「12ヶ月のカレンダー」をタップします。

新しいファイルが作成されたので、まずはファイルを保存します。
画面右上、「・・・」をタップします。

「保存」をタップします。

名前の欄で、このファイルの名前を入力してください。
写真では例として「カレンダー」としています。
ファイル名を入力したら、次にファイルの保存先を選択します。
場所の「<」をタップしてください。

ここでファイルの保存先を選択できますので、「OneDrive-個人用」を選択します。

これでファイル保存先をOne Driveに設定できました。
さらに、One Drive内でフォルダを選択したい場合はここでフォルダを選択できます。
フォルダが選択できれば、保存をタップします。

これでOne Driveにカレンダーファイルを保存することでできました。

カレンダーの基本操作

まず、このカレンダーの簡単な扱い方を説明します。
「年を入力」の右のマスが「2018」になっていますが、ここを「2020」にすると、2020年の日付の並びに変更されます。

「週の始まり」の右のマスを一度タップすると、「▼」が出てきますのでこれをタップします。
すると、月・日が選べます。これは、週の始まりの曜日を月・日で選ぶことができるので、好みに合わせて選んでください。

次に1月、2月といった月の変更です。
画面左下の表のマークをタップすると、各月のページが出てきますので、開きたい月をタップします。
ちなみに、このページのことを”シート”と言います。

カレンダーのおすすめアレンジ

ここからカレンダーをアレンジしていきます。
まず、画面左側に縦に並んでいる数字の「9」をタップします。
すると、上から9行目のマスは全部選択されます。
出てきた選択項目の「コピー」をタップします。

すると、選択されたエリアが点線に変わります。
これは選択されたエリアがコピーされていることを表しています。
この状態でもう一度「9」をタップします。
今度は「▷」を3回タップし、「コピーしたセルの挿入」をタップします。
挿入とは選択されたマスの上に新しいマスを追加することです。
これで8行目と9行目の間にコピーした行が新たに追加されました。

9行目がコピーされた状態で、「12」「14」「16」「18」行目もタップし、同じように「コピーしたセルの挿入」で行を増やしていきます。

これで1日に記入できるマスが2つになり、予定を入力しやすくなりました。
マスの大きさがきになる方は、行の数字をタップし、写真に示す部分をスライドさせると高さを調節できます。

実際に予定を入れていきます。
予定のある日の下のマスをタップし、画面上の欄をタップすると文字を入力することができます。

文字を入力したら、右上の「チェックマーク」をタップすると入力が完了します。

次にこの予定が”誰の予定か”をわかりやすくするために、マスに色をつけます。
色をつけたいマスを選択し、画面したの「ペンキのマーク」を選択します。

これはマスの背景に色をつける機能です。
好みの色をタップすると、背景色に色がつきます。

誰がどの色かを決めておくと、見やすい共有カレンダーとなります。

ファイルの共有

完成した家計簿を、他の人と共有する方法はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

カレンダー作成、大変お疲れ様でした。
Excel Onlineでカレンダーを使うメリットは、他の人と共有できるところですが、
他にも自分好みの形にカスタマイズできる点も挙げられます。
ぜひ、色々な編集を扱ってみて、使いやすいカレンダーにアレンジしてみてください。

Excel Onlineでは、カレンダー以外にも便利なツールを作ることができるため、
興味がある方はぜひこちらもご覧ください。

Excelの共有家計簿の作り方
Excelの共有出欠表の作り方

-ビジネススキル

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.