ビジネススキル

【誰でもできる】Excel Onlineの家計簿の作り方とメリット

ビジネススキルでお馴染みのExcelですが、今ではスマホでも使用できることを
ご存知でしょうか?
Microsoftから無料で提供されているExcelを"Excel Online"と言います。

一般的に仕事で使う有料版のExcelに比べ、機能制限がありますが、基本的な
表作成、計算、文字編集などの機能は使用できます。

Excel Onlineの最大の特徴は、
スマホで操作できる
共有機能がある
の2つです。

これらの機能によって、仕事以外でも使用することができ、日常生活の効率アップを
図ることができます。

日常生活での使用例の1つが家計簿です。
家計簿アプリは世の中に多くありますが、Excel Onlineで家計簿を作ると他の家計簿アプリ
よりも便利に使用することができます。

こちらが実際にExcel Onlineで作成した家計簿です。

家計簿

この記事ではExcel Onlineの家計簿について、次のことを解説していきます。

・Excelで家計簿をつけるメリット
・Excelの家計簿の作り方
Excel Onlineを使いこなし、賢く生活しましょう。

Excel Onlineについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

・ Excel Onlineとは?始め方と使い方
・【徹底比較】有料版Excelと無料版Excelの違い

Excelで家計簿をつけるメリット

Excelで家計簿をつける1番のメリットは、家計簿を他の人と共有できるところです。
共有とは、1つのファイルを複数の人や端末で編集や保存ができる機能です。

例えば家族全員が自分のスマホから、1つの家計簿にそれぞれの金額を記入することが
できます。

Excelの家計簿の作り方

ここでは最初にご覧いただいたExcel Onlineで作成した家計簿の、スマホでの作り方を説明していきます。

準備するもの

事前に必要なものとして、次の3つが揃ってるいることを確認してください。

・Excel Onlineアプリのインストール(無料)
・One Driveアプリのインストール(無料)
・Microsoftアカウントの作成(無料)

One Driveとは、Microsoftが提供している無料オンラインストレージです。
簡単にいうとインターネット上のファイル保存場所です。

Microsoftアカウントは、One Driveを使用するために必要です。
アカウントは、こちらより作成できます。(所要時間5分程度)
Microsoftアカウント作成

ファイルの保存

ここからExcelの操作手順です。
まず、Excel Onlineアプリを開き、画面下の「新規」をタップします。
次に「空白のブック」をタップします。

新しいファイルが作成されたので、まずはファイルを保存します。
画面右上、「・・・」をタップします。

「保存」をタップします。

名前の欄で、このファイルの名前を入力してください。
写真では例として「家計簿」としています。
ファイル名を入力したら、次にファイルの保存先を選択します。
場所の「<」をタップしてください。

ここでファイルの保存先を選択できますので、「OneDrive-個人用」を選択します。

これでファイル保存先をOne Driveに設定できました。
さらに、One Drive内でフォルダを選択したい場合はここでフォルダを選択できます。
フォルダが選択できれば、保存をタップします。

これでOne Driveに家計簿ファイルを保存することでできました。

家計簿の作成

実際に表を作成していきます。
まず上を2〜4マス空けて、「1」を入力しましょう。
文字入力は、入力したいマスをタップし、画面上の欄をタップすると
キーボードが出てきます。
キーボードの1をタップしたら、右側の「↩︎」をタップすると入力完了です。

同じ方法で縦に2〜31を入力しましょう。
この作業が一番大変ですが、ここさえ乗り越えればあとは簡単ですので頑張りましょう。

次に見やすいように一行飛ばしで背景色を付けていきます。
1を入力したマスから左に3〜4マスを選択し、画面右下の「・・・」をタップします。

そうすると画面下に編集画面が出てきますので、「塗りつぶし色」をタップします。

「塗りすぶし色」は選択したマスの背景に色をつけることができる編集です。
ここでは薄い灰色を選択します。

そうすると選択したマスだけ灰色の背景色になったのがわかります。

次に灰色にしたマスとその下のマスまでを選択し、コピーをタップします。

コピーしたら、3〜31までのマスを選択します。

選択したら、出てきた項目の右側にある「▷」を一度タップし、「形式を選択してペースト」
をタップします。

そうすると、別の項目が出てくるので「書式」をタップします。

これで1〜31までのマスに2行ごとに背景色を付け、見やすくできました。

次に1の横並びのマスより1つ上のマスに、出費の種類を書いていきます。
ここでは、例で内容・食費・生活費・趣味と書いています。

次に表に線を引いていきます。
写真のように全体を選択し、画面右下の「・・・」をタップします。

「罫線」をタップします。
罫線は表に様々な線をひく機能です。

「格子」をタップします。
「格子」は選択されたマスの枠すべてに線を引く機能です。

これで罫線が引かれ、見やすい表となりました。

次に各出費の合計金額を表示するようにします。
31を入力したマスのしたのマスに合計と入力します。
そして、出費の一番下のマスに「=sum(」と入力します。
=sum(範囲)とは、範囲ないの数字をすべて足した値を表示する関数です。
範囲は食費の1〜31部分を選択し、「 ) ]を入力すると関数が成り立ちます。
入力完了には画面右上の「チェックマーク」をタップします。

これで食費の合計金額が表示されます。
試しに食費の欄に適当な数字を入力すると、合計が表示されます。

合計金額を「生活費」と「趣味」にも表示するようにします。
食費の合計マスを選択し、「コピー」をタップします。

生活費と趣味の合計を表示するマスを選択し、ペーストをタップします。
すると「生活費」と「趣味」にも合計金額が表示されます。
こちらも試しに適当な数字を入れると確認できます。
次にもっと見やすくするために、金額の表示を「1000」から「¥1,000」に設定します。
金額を入力する範囲を選択し、画面右下の「・・・」タップします。

画面下で「表示形式」をタップします。

通過の右側「 i 」をタップします。

ここで入力した数字がマイナスの場合の表示方法を選択します。
好みですが、例では「-¥1,234」を選択しています。

これで見やすい家計簿となりました。

行の追加や文字の色のつけ方など、もっと工夫したい方はこちらの記事から
基本操作をご参考ください。

・ Excel Onlineとは?始め方と使い方

ファイルの共有

完成した家計簿を、他の人と共有する方法はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

家計簿作成、大変お疲れ様でした。
Excel Onlineで家計簿をつけるメリットは、他の人と共有できるところですが、
他にも自分好みの形にカスタマイズできる点も挙げられます。
ぜひ、色々な編集を扱ってみて、使いやすい家計簿にアレンジしてみてください。

Excel Onlineでは、家計簿以外にも便利なツールを作ることができるため、
興味がある方はぜひこちらもご覧ください。

Excelの共有カレンダーの作り方
Excelの共有出欠表の作り方

-ビジネススキル

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.