副業

【AFFINGER5】Googleアドセンス広告を設置する方法

【AFFINGER5】アドセンス広告を設置する方法
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

この記事では、WordPressのAFFINGER5について、次のような疑問を解決することができます。

・AFFINGER5でGoogleアドセンスを設置する方法は?
・アドセンス広告の種類の違いは?
・おすすめの広告位置は?

初心者ブロガーさんの最初の壁は、Googleアドセンスの審査に合格することです。

おそらくこの記事を見ていただいている方は、すでに審査に合格された方だと思います。

管理人(じろー)
アドセンス審査の合格、おめでとうございます!

早速、ブログにアドセンス広告を設置しようにも、設置方法が意外と複雑で苦労されている方もおられると思います。

ここでは、人気テーマの1つである”AFFINGER5”の場合の、アドセンス広告の設置方法について解説をしていきます。

 

AFFINGER5でGoogleアドセンスを設置する方法

Googleアドセンスの広告は次のようなもので、記事中やPCのサイドバーでよく見かけます。

アドセンス広告の例

これらの広告は、サイト管理者が選んだ場所に設置したもので、管理者であれば好きな場所に設置することができます。

この記事では、上の写真のような位置に広告を設置する方法を解説していきます。

 

アドセンス広告の仕組みは、Googleが提供する”アドセンスコード”をブログに設置することで広告掲載ができます。

アドセンスコードとは、"広告を表示させるための特殊な文章"のことです。

アドセンスコードを設置する手順は3ステップあります。

アドセンス広告の設置の手順

この3ステップは、AFFINGER5に限らずWordPressの全テーマで共通ですが、細かい設定がテーマごとで変わります。

次より、ステップ1から順に設置方法を解説していきます。

 

1. アドセンス広告のコードをコピーする

まずは、Googleアドセンスから掲載したい広告形式のアドセンスコードを取得し、それをコピーします。

① 広告の選択

Googleアドセンスにログインをします。
ログイン画面はこちら

ログインしたら、サイドバーの「広告」「サマリー」と進み、画面上の「広告ユニットごと」を選びます。

この画面では、3種類の広告形式から新しくアドセンスコードを取得したいものを選びます。

・ディスプレイ広告
・インフィード広告
・記事内広告

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告の例

ディスプレイ広告は、Googleが推奨する広告で一番よく目にします。

画面サイズが変わっても自動的に適切な広告サイズに変更されるので、どこでも広告表示ができ、万能な形式です。

例えば、スマホやタブレットの向きを90°変えても、その画面サイズに合った広告が表示されます。

広告内容は、ユーザーに合わせて自動で表示されます。

 

インフィード広告

インフィード広告の例

インフィード広告は、サイトやSNSコンテンツの間に自然と溶け込んでいる広告です。

上の写真のように、ブログ記事一覧の中に同じ形式で溶け込んでいたり、ニュースアプリの記事一覧に溶け込んでいる場合があります。

パッと見て広告のように見えないので、広告に誘導しやすく他の形式に比べてクリック率が高いのが特徴です。

 

記事内広告

記事内広告の例

記事内広告は、文章中の段落と段落の間に出てくる広告です。

この広告も自然と記事中に溶け込ませることができるので、読者を広告にうまく誘導することができます。

 

② アドセンスコードの取得

次に選択した広告形式のアドセンスコードを取得します。

ここでは、初心者ブロガーさんにおすすめの”ディスプレイ広告”を例に説明していきます。

広告形式を選ぶ画面で、ディスプレイ広告を選択します。

ここの画面では、ディスプレイ広告のサンプルが表示され、3項目を設定します。

 

⑴ 広告ユニットの名前
ここで作成する広告に名前をつけることができます。
名前はブログ中に表示されるものでもないので、自分がわかれば何でもOKです。

⑵ 広告の形状
広告の形状を”スクエア”、”横長タイプ”、”縦長タイプ”の3つから選べます。
形状を広告を設置したい場所によって選ぶといいでしょう。

例えば、PCのサイドバーだったら”縦長タイプ”にしたり、記事中に目立たない程度にするなら”横長タイプ”にしたりするといいでしょう。

⑶ 広告サイズ
広告サイズは、”レスポンス”と”固定”の2つから選べます。
レスポンスは、画面サイズに合わせて自動で広告サイズを最適化してくれます。
一方、固定は指定したサイズで広告を表示させることができます。

特にサイズにこだわりがなければ”レスポンス”が便利でおすすめです。

この3つを設定したら画面右下の”作成”を押すと、広告のアドセンスコードが取得できます。

 

③ アドセンスコードのコピー

広告の作成が完了するとこのような画面になります。

真ん中にあるアルファベットと数字で書かれているのが、アドセンスコードです。

このアドセンスコードを全てコピーしたいのですが、簡単な方法として左下の”コードをコピー”を押すだけで全てのコードがコピーされます。

ここまででステップ1の”アドセンスコードのコピー”が完了です。

 

2. アドセンス広告を設置する位置を決める

アドセンス広告はその広告がクリックされた分だけ報酬がもらえます。

なので、収益化目的でブログ中にたくさんの広告を設置したいところですが、広告が多いと読みづらい記事になり、集客しにくいブログになります。

そのため、広告の数は最小限で、なおかつ効率が良い場所に絞ると良いでしょう。

アドセンス広告の設置におすすめなのは次の3ヶ所です。

おすすめの広告設置の場所

この位置なら、読者の利便性も落とさず、効果的に広告を掲載することができます。

 

3. AFFINGER5にアドセンスコードを貼りつける

次に、設置したい場所にアドセンスコードを貼り付けます。

貼り付ける方法は複数の方法がありますが、ここでは一番管理がしやすく、効率がいい”ウィジェット”を使います。

ウィジェットを使ってコードを貼る

ウィジェットとはブログのパーツのことで、例として次のようなものがあります。

・最新の記事一覧
・人気の記事一覧
・カレンダー
・検索欄

これらのパーツをヘッダーやメインエリア、サイドバーなどの各エリアに自分好みに設置することができます。

ウィジェットの設定を行うには、WordPressの管理画面で「外観」「ウィジェット」から開くことができます。

ウィジェット画面は、このように左側に設定できるウィジェットの一覧があり、右側にウィジェットを設置できるエリア一覧があります。

この画面で、あるエリアにウィジェットを配置したり、消したりすることができます。

ウィジェットの設定で、サイドバーと記事下にアドセンス広告を設置する方法を説明していきます。

 

サイドバーに広告を設置する方法

まず、ウィジェット一覧の「カスタム HTML」を選択します。

すると、下にエリア一覧が出てくるので「サイドバーウィジェット」を選択し、「ウィジェットを追加」を押します。

右側のエリア一覧にある「サイドバーウィジェット」を押すと、「カスタム HTML」が追加されているのがわかります。

次に、追加された「カスタム HTML」にステップ1でコピーしたアドセンスコードを貼り付けます。

「カスタム HTML」を押すと、タイトル欄と内容欄が出てきますので、内容欄にアドセンスコードをそのまま貼り付けます。

アドセンスコードを貼り付けたら、最後に”保存”を押してください。

これでサイドバーにアドセンス広告を設置することができました。

 

注意点としては、タイトル欄には何も記入しないことです。

タイトル欄に記入すると次のように表示されてしまいます。

 

投稿記事下に広告を設置する方法

次に投稿記事の下にアドセンスコードを貼り付けていきます。

貼り付け方は、”サイドバーに貼り付ける方法”と同じように、「カスタム HTML」を投稿記事下のエリアに追加すればいいのですが、AFFINGER5では投稿記事下に該当するエリアが4つ存在します。

 

広告・Googleアドセンス用336px(A)と(B)

この(A)と(B)にコードを貼り付けると、どちらもPCでブログ閲覧したときだけ広告が表示されます。

このエリアは、推奨サイズが336pxなのでサイズ固定をしている広告を載せるときには注意が必要です。

機能は全く同じなので、広告を1つ載せたいときは(A)のみにコードを貼り付ければOKです。
広告を2つ載せたいときに、(B)にも貼り付けます。

広告・Googleアドセンス用のスマホ用

これはスマホで閲覧したときのみ、広告を表示させます。

 

投稿記事下に一括表示

ここにコードを貼り付けると、PCとスマホどっちで閲覧しても広告が表示されます

広告形状が自動で最適化される”ディスプレイ広告”なら、PCとスマホどっちで閲覧しても問題ないので、この「投稿記事下に一括表示」に貼り付けることをおすすめします。

ちなみにこの4カ所全部に貼り付けると、PCで閲覧すると広告が3つ続けて表示され、スマホで閲覧すると広告が2つ続けて表示されます。

 

見出し上(リード文下)に広告を設置する方法

最後に見出し文(リード文下)に広告を設置していきます。

AFFINGER5でこの位置に広告を設置するには、”ウィジェット”ではなく、”テーマ管理画面”で行います。

WordPress管理画面の「AFFINGER5 管理」から「Google・広告/AMP」へ進み、画面上の「見出し前に広告挿入」タブを選びます。

ここで、どの見出しの前に広告を設置するかを設定することができます。

設定項目は、次の3つです。

⑴ アドセンスコードの貼り付け

最初の欄には、ステップ1でコピーしたアドセンスコードをそのまま貼り付けます。

 

⑵ 記事の選択

ここで設定する広告は、投稿記事にも固定記事にも設置することができます。

投稿記事の見出しのみに設置する場合は、投稿記事だけにチェックを入れます。

 

⑶ 何番目の見出しか

ここで出てくる見出しは、”見出し2”のことです。

なので、「1番目」にチェックを入れると、リード文下のエリアに広告を設置することができます。

途中の見出しにも広告を載せたい場合は、「2番目」「3番目」にもチェックを入れます。

 

3つの設定が完了したら、必ず画面下の「SAVE」を押して保存をしましょう。

 

これで、アドセンス広告を”サイドバー”、”投稿記事下”、”見出し上”の3カ所に設置することができました。

 

まとめ:AFFINGER5でGoogleアドセンスを設置する方法

AFFINGER5でGoogleアドセンスをブログに設置する方法は、次の3ステップです。

アドセンス広告の設置の手順

ステップ1:アドセンス広告のコードのコピー

アドセンスの種類は、”ディスプレイ広告”が便利でおすすめです。

ステップ2:アドセンス広告を設置する場所を決める

おすすめの設置場所は、
”サイドバー””投稿記事の下””見出し上”の3つです。

ステップ3:アドセンス広告のコードを貼る

サイドバーと投稿記事の下は、ウィジェットの「カスタム HTML」より設定ができます。

見出し上は、「AFFINGER5 管理」で設定でき、指定した順番の見出しの上に設置することができます。

 

ブログ始めたての頃は、誰もが色々な壁にぶつかります。

1つ1つ乗り越えて、楽しいブログライフをおくりましょう!

 

 

-副業
-, ,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.