副業

ブログ記事のまとめの書き方【初心者必見】

ブログ記事のまとめの書き方
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

最近では副業ブームで、ブログを始めた方が多くいるかと思います。

無事にブログを開設して、数記事ほど書いてみた方は、次にブログ記事の書き方で悩まれると思います。

多くの記事の最後にある”まとめ”は、一見おまけのように見えますが、実は重要な役割があり書き方にもコツがあります。

この記事では、ブログのまとめについて次のような疑問に答えられる内容です。

・ブログ記事のまとめの必要生は?
・まとめを書くときのコツは?
ブログ初心者

 

ブログ記事のまとめの書き方

ほとんどの記事にある”まとめ”は、慣習として何となくあるのではなく、重要な役割を担っているため、記事になくてはならないものです。

まとめには、2つの役割があります。

まとめの役割

結言:結局何が重要か
要約:記事の振り返り

結論:結局何が重要か

まとめとは記事の締めとなる文章であり、本文を全て読み終わった後に、”結局この記事では何が言いたかったのか?”を表す”結論”の役割があります。

そのため、読者がまとめを見ただけで、その記事で1番伝えたいことが理解できるように書く必要があります。

本文で書かれている詳しい説明や事例を通して、最終的に言いたい言葉をシンプルに書くことで、その記事を締めることができます。

 

要約:記事の振り返り

まとめは、その記事のダイジェストのようなもので、読者が本文を読み終わった後に記事の内容を振り返る役割を担います。

なぜ振り返りが必要かというと、読者は記事を一通り読んだだけでは内容を覚えることはできません。

そのため、読み終わった後にこの記事にはどんなことが書いてあったかを振り返ってもらい、重要なことだけでも思い出してもらう必要があります。

まとめだけで記事の内容がわかるようにするため、構成としては結言で1番言いたいことを伝えた後に、次に重要な部分を本文からかいつまんで文章にするといいでしょう。

 

まとめの書き方のコツ

まとめの書き方のコツ

ここまでで、まとめの役割と重要性が理解できたかと思います。

次にまとめを書くときのコツについて、説明していきます。

まとめのコツは4つあります。

まとめの書き方のコツ

・タイトルとつながっているか
・読者の疑問の回答になっているか
・要約は本文中の装飾文字から抜粋
・新たな情報はなるべく入れない

タイトルとつながっているか

当たり前のことですが、タイトルは”その記事が何について書いてあるか””どんな疑問を解決できるか”をシンプルに表したものです。

一方、まとめはその記事でわかることを表したものなので、タイトルとまとめはつながっている必要があります。

”つながっている”は、具体的には

「〇〇のメリット3選」というタイトルであれば、まとめは「3つのメリットは、□□と△△と◇◇です」

であるべきで、

「〇〇と□□はどっちにするべき?」というタイトルであれば、まとめは「〇〇にするべきです」

このようにタイトルの疑問に対し、まとめで答えるようにするといいでしょう。

 

まとめが上手ではない記事の例としては、

「〇〇を買うタイミングは?」というタイトルに対し、まとめが「〇〇は買うべきです。」

というような記事をたまに見かけます。

この場合、”タイミング”を問うタイトルであるため、”いつ”が回答であるべきですが、そうではないことを結論としているため、タイトルとまとめがつながっていません。

まとめを書くときは、タイトルとつながっているかを気をつけましょう。

 

読者の疑問の回答になっているか

ブログの役割の1つは、読者の疑問を解決することです。

誰もがネット検索をするときは、何かについて情報が欲しいときや、疑問を解決したいときです。

そのため、読者の疑問の答えがその記事の重要な部分となるため、まとめで書く必要があります。

タイトルとつなげることと重なるかもしれませんが、ここでいう読者の疑問とはタイトルに含まれていない、潜在的な疑問やそれに付随する疑問のことです。

 

多くの人にブログを読んでもらうには、”どんな疑問を想定しているか””どんな人に見てもらいたいか”をしっかり考えて記事を書かなければいけません。

当ブログでは、最初のリード文でターゲットや疑問を明確にしており、1つ1つの疑問の答えがしっかりとまとめに含まれているかを確認しながら書いています。

 

要約は本文中の装飾文字から抜粋

まとめで要約するときは、本文中の装飾文字から抜粋すると上手にまとめることができます。

要約は、本文中の重要なところをかいつまんだ文章です。

本文を書くときに、重要な文やワードにはマーカーやアンダーライン、太文字などの装飾をつけられていると思いますので、それらを使うとポイントだけの要約文を簡単に作ることができます。

文字装飾を使っていない方は、文章が読みやすくなるのでぜひ使用しましょう。

文字装飾をつけるときのコツは、要約文を作るときの反対で、”これらがあれば意味が伝わる”という文やワードを選ぶといいでしょう。

 

新たな情報はなるべく入れない

まとめは、その記事のダイジェストであるため、基本的に本文の内容から切り取った文である必要があります。

そのため、まとめで新たな情報を入れるとまとめにならないため、おすすめしません。

ただし、ダメというルールがあるわけはないので、どうしてもまとめでしか書けない場合には、書いても問題はありません。

まとめは、すっきりとわかりやすく記事を表しているのが理想です。

 

まとめ:ブログ記事のまとめの書き方

ブログ記事のまとめは、次の2つの役割があるため必ず書くべきです。

まとめの役割

結言
→この記事で伝えたいことをシンプルに伝える

要約
→重要部分だけ記事を振り返る

上手なまとめを書くためには、次のようなコツがあります。

まとめの書き方のコツ

・タイトルとつながっているか
・読者の疑問の回答になっているか
・要約は本文中の装飾文字から抜粋
・新たな情報はなるべく入れない

このコツさえ押さえられていれば、誰でも読みやすいまとめを書くことができますので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

-副業
-,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.