副業

ブログ記事を楽に書く方法。短時間でまとまった記事に

ブログ記事を楽に書く方法
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

最近では副業ブームで、ブログを始めた方が多くいるかと思います。

無事にブログを開設して、数記事書いてみた方が次に悩まれるのが”ブログ記事の書き方”です。

始めたての頃は、1記事を書くのに何時間もかかってしまい、ブログをやっていけるか不安に思う方が多くいるかと思います。

でも安心してください。最初は誰もが経験することです。

ブログ記事を書くにはコツがあり、記事を書きながら学んでいくものですが、コツを知っているだけで誰でもすぐに楽に記事を書くことができます。

この記事では、初心者ブロガーさんに向けて次の疑問に答えることができる内容です。

・ブログ記事を楽に書くコツは?
・短時間で書いた記事は、内容がおろそかになってしまうのでは?
ブログ初心者

 

 

ブログ記事を楽に書く方法

サイトによってブログ記事は、写真や図があったり、箇条書きでまとめられていて見え方が全然違いますが、全ての記事は次の図のような構成で書かれています。

ブログ記事の構成

この構成がベースとなる形で、ここに”図”や”見出し3~4”などが加えられてより読みやすい記事になります。

ブログ初心者の方は、まずこの形で記事を書いていけばいいのですが、書き方に苦労するポイントがあります。

それが”記事を書く順番”です。

最初にやってしまいがちな書き方は、記事を上から順番に書いてしまうことです。

間違った記事の書き方

この書き方では、文章を書いている途中で「この文は次の見出しで書くべきかな?」、「文の順番がバラバラかな?」というように記事の構成を考えながら書かなければいけないでの、文章に集中できず時間がかかったりいまいちまとまった記事にならなかったりすることがあります

記事を楽に書くには、次のようにタイトルのあとに、まず見出し2で”全体の流れ”を決めて、そのあとに各本文で”言いたいこと”や”ポイント”を適当にメモしておき、リード文と本文を上から順番に書くといいでしょう。

楽なブログの書き方

この順番で書くと次のようなメリットがあるため、ブログ記事を楽に書くことができます。

2つのメリット

・全体を把握できるため内容がまとまりやすい
・本文は各見出し2に沿って書くだけなので楽に文章ができる

この順番のポイントとなるのは、”まず全体をつかんで、最後に本文を書く”というところです。

初心者の方がブログ記事を書くときに特に苦労されるのは、本文で文章を書くことだと思います。

いきなり本文を書き出すと、文脈がバラバラになってまとまりがなくなったりどうやって記事を締めるかといったゴールが見えず、なかなか思うように執筆が進まなくなります。

そのため、本文を書く前に全体をつかむと、順番やどこで何を書くかが整理でき、スムーズに本文を書くことができます。

また、見出し2さえ書いてしまえば、本文は各見出し2に沿うように書いていくだけなので、文章を書く負担が小さくなります。

 

ここからは、書く順番ごとに楽に書くためのポイントを解説をしていきます。

 

①:タイトル

タイトルは、読者を集めるための最も重要な要素となります。

そのため、十分に考えられたタイトルにするべきで、コツとしては次の4つが挙げられます。

タイトル選びのコツ

・28~30文字以内
・キーワードを入れる
・数字を入れる
・興味を引く表現

ネット検索の検索結果で、表示される記事のタイトルは28~30文字までです。
それ以上の文字数だと「・・・」と書かれ、省略されてしまいます。

また、読者はキーワードで検索を行うためそのキーワードを含むタイトルにする必要があります。

例えば、「海外 旅行 おすすめ」という検索では、この3つのキーワードと使ってタイトルを書きましょう。

検索結果の一覧が表示されて、そこから読者に記事を見てもらうには、目を惹くタイトルでなければなりません。

イメージとしては、本棚にたくさん並べられている本から気になる本を選ぶのと同じです。

目を惹くには、数字を使ったり、興味を引く表現が有効です。

例えば、

”海外旅行でおすすめの場所”

というタイトルよりも

”人生で1度は行くべき、おすすめ海外旅行先5選”

というタイトルの方が興味を持ってもらえます。

 

②:見出し2で全体の流れを決める

”全体の流れ”とはどのような見出しの順番で、各見出しでどんな文を書くか、といった全体感のことです。

この全体感をつかんで見出しさえ書いてしまえば、あとは見出し通りに本文を肉付けしていくだけなので、本文に集中でき、まとまった文章を書くことができます。

そのため、全体の流れを決めることは記事を書くうえで一番重要な工程で、これができていれば記事の完成度は50%に達していると言えます。

 

例えば、旅行先について紹介するブログで、まず交通費について説明する人はいないでしょう。

適切な見出しと順番としては、

1.  旅行先の概要
2. おすすめスポット
3. おすすめグルメ
4. 交通費

とすると読みやすい順番で、各見出しの内容もまとまりがあって良いでしょう。

このように本文を書くま前に、まず見出し2を書くと全体感がつかめて、あとで本文を書くときに楽になります。

 

③:本文に言いたいことやポイントをメモ

見出し2を書いた後に、それぞれの見出し2でどんな文にするかをよりイメージするために、そこで”言いたいこと”や”ポイント”をメモ程度に書いておくと、本文がより楽に書けます。

先にポイントをメモしておくと、それを見出し3にしてうまくまとめられたり、箇条書きにして見やすい記事にしたりすることができます。

先ほどの旅行を例にすると、見出し2を書いた後に、各見出しごとに単語だけでもメモしていれば、本文を楽に書くことができます。

1.  旅行先の基本情報
日本との時差〜時間、通貨、物価、治安は良い

2. おすすめスポット
▽▽博物館、△△ビーチ、海がきれい

3. おすすめグルメ
□□ワイン、◇◇パフェ、※※チーズ

4. 交通費
相場、高いときの料金

 

④:リード文と本文

最後に各見出しごとにリード文や本文を書きます。

リード文とは、記事の始めに書いてある文章で、読者に”この記事はどんな内容で”、”どんな人に読んで欲しいのか”などを伝える部分です。

本文は、各見出しごとのメモをもとに、まとめたり、文章にするだけで、補足情報を加えていけばまとまった立派な内容になるでしょう。

まとめ方としては、分けれるものは見出し3でそれぞれ説明したり、箇条書きで見やすくすることができます。

先ほどのメモを例にして簡単な記事にすると、次のようになります。

ブログ記事の一例

 

まとめ:ブログを楽に書く方法

ブログを楽に書くには、次の順番が効果的です。

① タイトル
② 見出し2
③ 各見出しごとにポイントをメモ
④ リード文と本文

これにより、記事の全体をつかむことができ、スムーズにまとまった文章を書くことができます。

そのため、楽に記事がかけるだけでなく、読みやすい記事になります。

メモをもとに本文を書く際は、見出し3箇条書きを使うことがおすすめです。

 

2日に1記事のペースでブログを書きたい方は、1日目に”③各見出しごとにポイントをメモ”まで済ませておけば、全体の50%以上は完了していることになり、2日目に文章に作成に集中することができます。

 

-副業
-,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.