ビジネススキル

無料で使えるExcel Onlineとは?始め方と使い方

Excel Onlineとは?

ビジネススキルでお馴染みのExcelが、無料で使えるのをご存知でしょうか?

Microsoftが提供している無料のExcelをExcel Onlineと言います。
一般的なソフトをインストールして使用する有料Excelと違って、クラウド上で作成、保存、編集ができるため、スマホでも操作することができ、いつでもどこでもExcelを使うことができます。

有料版と比べると機能は一部制限がありますが、データ入力や集計、表作成、文字編集などの基本的な機能は備わっています。

有料版と無料版の詳しい違いは、こちらの記事をご参考ください。

【徹底比較】有料版Excelと無料版Excelの違い

Excel Onlineの他にもPowerPoint OnlineやWord OnlineといったOfficeも一通り、これらをOffice Onlineと言います。

特にExcelは仕事以外でも使いやすく、生活の効率アップを図ることができます。この記事では、Excel Onlineについて解説していきます。

・Excel Online の始め方
・Excel Onlineの使い方

Excel Onlineを使いこなし、日常生活を賢く過ごしましょう。

Excel Onlineの始め方

スマホを使ったExcel Onlineの始め方を説明していきます。

Excel Onlineアプリのインストール

Excelアプリは、Apple storeもしくはGoogle Playから無料でインストールすることができます。

One Driveアプリのインストール

One Driveは、Microsoftが提供している無料オンラインストレージです。
簡単にいうとインターネット上にあるファイル保存場所です。
OneDriveに保存したファイルはネット環境にあればいつでもどの端末からもファイルを
開くことができます。

Microsoftアカウントの作成

Microsoftアカウントは、One Driveを使用するのに必要です。
アカウントは、こちらより作成できます。(所要時間5分程度)
Microsoftアカウント作成

Excel Onlineの使い方

ここからExcelの基本操作を1つずつ解説していきます。

ファイル作成

Excelアプリを開き、画面下の新規をタップします。ここではExcelに元から備わっている様々な表を選ぶことができます。使用用途に合わせた表をタップすると、そのファイルが作成されます。

既にある表を使う必要がない場合は、「空白のブック」をタップすると、何もないファイルが作成されます。

ファイル保存

作成したファイルをOne Driveに保存する手順です。

画面右上の「・・・」をタップします。

「保存」をタップします。

名前の欄で、このファイルの名前を入力してください。
次にファイルの保存先を選択します。場所の「<」をタップしてください。

ここでファイルの保存先を「OneDrive-個人用」にすると、ファイルをOne Driveに保存することができます。

これでファイル保存先をOne Driveに設定できました。
さらに、One Drive内でフォルダを選択したい場合はここでフォルダを選択できます。
フォルダが選択できれば、保存をタップします。

これでOne Driveに新規ファイルを保存することでできました。

基本操作

■文字入力
文字を入力したいセルをタップします。セルとは、1つ1つのマスのことです。
画面上の入力欄をタップし、文字を打ちます

文字を入力した後、画面右上の「チェックマーク」をタップすると入力完了です。

■文字の編集
文字の編集は、編集したいセルをタップし、画面右下の「・・・」をタップします。

出てきた画面の1番上の項目は、文字の種類と文字の大きさを変えることができます。

 

「B」は文字を太字にします。
I」は文字を斜体にします。
U」はアンダーラインを引くことができます。

■罫線
罫線は、選択したセルの枠に線を引くことができます。
線の位置や太さを細かく選択できます。

スライドし下の方にいくと、線のスタイルや線の色も選ぶことができます。

■セルに色をつける
セルに色をつけたいときは「塗りつぶしの色」をタップし、好きな色を選びます。

■文字の色を変える
文字に色をつけたいときは「フォントの色」をタップし、好きな色を選びます。
フォントとは、”文字”のことです。

■文字の位置を編集
下の写真に示す項目では、セル内での文字の位置を設定することができます。

■複数のセルを合体させる
合体させたい複数のセルをまとめて選択し、「セルを結合して中央揃え」をタップすると、セルを合体させることができます。

■セルの高さ、幅を変える
画面左の縦並びの数字を”行”といい、画面上の横並ぶのアルファベットを”列”と言います。
高さを変えたい行の番号をタップし、番号の下をスライドさせるとセルの高さを変えることができます。

セルの幅を変えたいときは、列を選択し、アルファベットの右をスライドさせます。

■行・列の挿入と削除
行や列を追加したいときは、追加したい行の番号もしくは列のアルファベットをタップします。
出てきた項目の「▷」を一度タップし、「挿入」をタップすると新しい行・列が、選択した行の上に、列なら左に追加されます。

行もしくは列を削除したい場合は、その行・列を選択し、「削除」をタップすると消えます。

■セルのコピー&ペースト
あるセルを、他のセルにもコピーしたいときは、コピー元のセルをタップし、出てきた項目の「コピー」をタップします。

次にコピーを作りたいセルをタップし、出てきた項目の「ペースト」をタップするとコピーを貼り付けることができます。

 

■シートの編集
1つのExcelファイルには、複数のシートを作ることができます。
画面左下のアイコンをタップすると、シート編集ができます。

「+」をタップすると新たなシートが作成されます。

シート名「Sheet2」をタップすると、シート名やシート削除などができます。

-ビジネススキル
-

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.