IT転職

高学歴はキャリアチェンジのチャンス【未経験からITエンジニアへ】

高学歴はキャリアチェンジのチャンス
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
独立系SIerでSEをしながら、ブログ運営をしています。

この記事は、ITエンジニアへのキャリアチェンジについて、次の疑問を解決することができます。

  • 高学歴な人はITエンジニアになりやすいの?
  • 高学歴はキャリアチェンジにどれくらい有利?

先行き不透明な今の時代、人気の職業となっているのがITエンジニアです。

手に職がつく、キャリアアップや独立がしやすい将来性がある働き方の自由度が高いなどが人気の理由です。

そのため、未経験からITエンジニアへのキャリアチェンジを考えている人が多くいますが、そこで気になるのが学歴の影響です。

ここでは、高学歴でIT未経験者のキャリアチェンジについてまとめました。

記事内容

  • 未経験からITエンジニアを目指す人が多い理由
  • ITエンジニアに求められるスキル
  • 高学歴がITエンジニアになりやすい3つの理由
  • 選考における高学歴の効果

 

高学歴はキャリアチェンジのチャンス【未経験からITエンジニアへ】

自分の将来のために、これからITエンジニアを目指す人が多くいますが悩みの1つが学歴です。

当ブログではITエンジニアのポテンシャル採用で学歴は必要か?という記事でIT未経験者に向けて、学歴の必要性をまとめました。

結論としては、学歴は不要だがあれば多少は考慮されるです。

自分の学歴に自信がない人にとっては朗報ですが、学歴に自信がある人にとっては長所を1つ失う感覚にあるかもしれません。

しかし、一般的に一流大学と言われる高学歴の場合は、選考である程度有利となることがあります。

ではなぜ、高学歴だとある程度有利になり、実際にどれくらい有利となるかを解説していきます。

そんな私も、学歴のおかげもあって未経験からITエンジニアになれました。

私のプロフィールが気になる方は、About meをご覧ください。

 

高学歴がITエンジニアになりやすい3つの理由

高学歴がIT未経験の転職で有利な理由

 

高学歴の人が未経験からITエンジニアになりやすい理由は、ITエンジニアに求められるスキルと密接な関係にあるからです。

ITエンジニアに求められるスキル

Tエンジニアは、IT技術を駆使してサービスや商品をつくり提供するのが仕事です。

仕事姿をイメージすると、パソコンの難しい画面とひたすらにらめっこしながらカタカタしている様子が思い浮かぶことでしょう。

しかし、実際はパソコン作業だけでなく、色んな人とコミュニケーションをとることが多くあります。

そんなITエンジニアには、次の2つが求められます。

 

頭脳

そもそもIT(Information Technology)とは日本語で情報処理技術という意味で、主にプログラミングによってデータのやり取りや演算、特殊処理などを行います。

そのため、ITエンジニアはプログラミングスキルが必須ですが、プログラミングは初心者がすぐできるほど簡単なものではなく、ある程度の頭脳が必要です。

特にIT技術は進化がはやく、次から次へと新しい技術が生まれるため変化に対応できる柔軟さや常に学習して自分をアップデートしていく能力が必要です。

 

対人スキル

ITエンジニアはプログラミングさえできればOKと誤解されがちですが、実は対人スキルも同じぐらい重要です。

例えば、サービスや商品をつくるために、提供先のお客さんに仕様を聞き込んだりチームメンバーと協力するために綿密にコミュニケーションをとる必要があります。

そのため、目的に沿って話を進められる会話力であったり、相手と気軽に話せるコミュニケーション能力といった対人スキルが求められます。

 

高学歴の人が有利なポイント

ITエンジニアに求められる頭脳、対人スキルのうち、高学歴が有利となるのはやはり頭脳の要素です。

理由としては、主に次の3つです。

高学歴が有利な3つのポイント

  • 自ら勉強できる
  • 自頭が良い
  • 論理的思考力が備わっている

 

自ら勉強できる

前述したようにIT技術は変化が激しく、常に新たなスキルを身につけていかないと仕事にならないことがあります。

そのため、エンジニアに求められるのは自ら勉強する習慣です。

なので、学生時代に勉強が苦手だった人には、厳しい業界かもしれません。

一方、高学歴の人は勉強生活に耐え受験戦争を勝ち抜いているため、勉強に対する抵抗感が低く、勉強の仕方も知っているのでITエンジニアに向いています。

採用選考では、ITエンジニアとして継続的に勉強できるかを見られるので、高学歴だと適性は十分にOKとみなされます。

 

自頭が良い

プログラミングなどのIT 技術は専門学校があるぐらい、内容は難しく、未経験からのスタートだとかなりハードルが高いです。

具体的には、プログラミング独特の文法やルールを理解したり、処理内容の構築や結果の分析などで頭の良さが問われます。

そのため、エンジニアには学習能力や分析力、情報処理力といった自頭が良い人が向いています。

高学歴の人は、生まれ持った頭の良さや勉強漬けの日々で培われた分析力などが備わっているため、採用選考では有利となります。

 

論理的思考力を持っている

高学歴の人は、論理的思考力が備わっている場合が多いです。

論理的思考力とは物事を1つずつ繋げていく力ですが、この力はITエンジニアに求められる頭脳だけでなく、対人スキルにも大きく影響します。

 

頭脳では、プログラミングに非常に有効です。

プログラミングは、機械が処理をするように指示書を書くことなので、機械が理解できるように順番に正確にコードを書いていく必要があります。

これが正しく論理的思考であり、この力がなければ正しいコードが書けません。

 

対人スキルでは、的確に相手とやりとりができる会話力で論理的思考力が発揮します。

仕事の会話は非常に重要です。

たまに話がそれたり、質問に対して的外れな回答をする人がいますが、このような人たちは論理的思考力が低い傾向にあります。

一方、論理的思考力が高い人はその会話の目的に向かって順番に話を進めることができます。

そのため、高学歴で論理的思考力が高いとみなされれば、対人スキルもある程度高いと判断され、採用選考では有利となります。

 

自分の会話力が気になる方はこちらの記事をご参考ください。

こちらもCHECK

仕事ができる人の会話術8選
仕事ができる人の会話術8選

普段の何気ない会話で、こんなことを思ったことがありませんか? ・この人の話しはいつもわかりやすいなぁ ・この人との会話はいつもかみ合わない ・話がまたそれてる 何となく違和感として感じていますが、字が ...

続きを見る

 

選考における高学歴の効果

採用選考での高学歴の効果

 

ここまでで、高学歴が未経験でのIT転職で有利であることがわかったところで、実際に選考ではどれくらいの効果があるかを述べていきます。

ポイントは書類通過率です。

IT未経験者の採用選考の関門は書類審査であり通過率は20~30%と言われています。

これに対し、私の実績でいうと書類通過率69%(26社中18社通過)と2倍以上の効果がありました。

 

書類審査後の面接では3社から
「なぜこの経歴でキャリアチェンジをしようとしたのかが気になった」
とフィードバックを頂きました。

おそらく、珍しい経歴というのもあって書類審査を通過した可能性もあります。

 

まとめ:高学歴はキャリアチェンジのチャンス【未経験からITエンジニアへ】

高学歴の未経験者がIT転職で有利な理由は、次の3つです。

高学歴が有利な3つのポイント

  • 自ら勉強できる
  • 自頭が良い
  • 論理的思考力が備わっている

これにより、書類審査では一般的な通過率20~30%のところを69%と高い効果が得られました。

 

高学歴の人は、新卒での就職活動だけでなく、転職でも学歴を利用することができます。

言い換えると、キャリアチェンジをして新たに出発しやすいという利点があるので、悩んでいる方は積極的に動いてみることをおすすめします。

 

 

おすすめ記事

【地域別】おすすめの通学型プログラミングスクール 1

地域ごとのおすすめのプログラミングスクールをご紹介します。 教室に通い講師から直接プログラミングを学びたい方は、ここで自宅近くのプログラミングスクールを探せます。   北海道・東北地方 札幌 ...

未経験からITエンジニアを目指している方は、プログラミングを挫折せずに学ぶためにプログラミングスクールがおすすめです。この記事では、どこでも学習できるおすすめのオンラインスクールを6校ご紹介します。 2

自宅近くにプログラミングスクールがないなぁ 管理人(じろー)そんな方には、オンラインスクールがおすすめです オンラインスクールは、教室に通学しなくてもネットとパソコンがあればどこでもプログラミングの授 ...

-IT転職
-,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.