できる人は高EQ!EQが高い人の特徴8選

EQが高い人の特徴8選 EQ
スポンサーリンク

あなたの職場にいる”できる人”と”できない人”の違いは何だと思いますか?

リーダシップ、計画的、コミュニケーション能力、プレゼン力など
様々な能力が考えられますが、その大半がEQに集約されます。

EQ(Emotional  Inteliigence Quotient)は心の知能指数と言われ、自分の言動を コントロールしたり、他人の気持ちを正確に読み取ったりする能力です。
EQは仕事で必要とされる様々なスキルのベースとなるため、EQが高い人は仕事で高い成果をあげやすい傾向にあります。

この記事ではEQが高い人の7つの特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

目先の欲にとらわれない

 

仕事でもプライベートでも何か行動するとき、EQが高い人は目先の欲や成果にとらわれず、
目標を最優先して行動することができます

EQは感情や欲求のままに行動せず、理性で自分をコントロールすることができるスキルです。 そのため、今すべきことがわかっていれば、突発的な欲求が生まれても、
それを理性で抑え、正しい判断をすることができます。

特に、チームで仕事をするときのリーダーは、そのチームを正しい方向に牽引する必要がある
ため、リーダーには必要不可欠なスキルとも言えます。

いつでも冷静

EQが高い人は、感情の起伏が小さく、いつでも冷静でいることができます。

EQは理性で自分をコントロールする力であるため、EQが高い人は衝撃的な出来事に
直面しても、 感情に体を支配されることがなく、落ち着いた行動をすることができます

一方、EQが低い人は、すぐ怒ったり、イライラした態度を出すなど感情的な言動が多い
傾向にあります。
ピンチのときやストレスを感じているときに、その人のEQを測りやすいでしょう。

オープンマインド

オープンマインド

EQが高い人は、人と接するとき何でも素直に受けとめ、素直に話すことができます。

このことを”心を開いた”心理状態という意味で、オープンマインドと呼び、特徴として
次のようなことが挙げられます。
・自分の非を認める
・ごめんなさいが言える
・ありがとうが言える
・相手を褒める
・長所見つけることができる
・人によって態度を変えない

オープンマインドの反対が、”心を閉じる”という意味のクローズマインドであり、
何に対しても 素直になれない心理状態です。
イメージしやすいのが、思春期の中学生・高校生です。
親の言うことを素直に聞けず反抗したりするのが、典型的な例です。

相手の感情を正確に読み取る

EQは、相手と良好な関係を築くことができる能力です。
良好な関係を気付くために、まず必要なのは相手の感情を読み取ることです。

例えば、昼食がとれないほど忙しく働いている人に、仲良くなろうと自分の趣味の話を
すれば、逆効果になることは誰でも想像できます。

このように、相手と繋がるためには相手の感情を知るところから始まり、
EQが高い人はこの重要性を知っているため、相手の感情を正確に読み取ることができます。
感情を読み取る能力は、一朝一夕で身につくものではなく、高EQ者は日々努力して
身につけています。

感情を読み取るのに必要なのが、”見る””聞く”の2つです。
”見る”は、観察力のことであり、相手の仕草や表情などから感情を読み取ります。
会話中、相手が時計に目を向ければ、「自分の話に退屈している」もしくは
「このあとに予定があり、急いでいる」などを読み取ることができます。
また、普段しっかりしている人が仕事中、上の空だったり、簡単なミスをしていたら
「何かに悩んでいる」ということがわかります。

”聞く”は、声のトーンであったり、話す速度、テンポなどから感情を読み取ることが
できます。
打合せ中、よく言葉を噛んでいたり、語尾に向かうほど声が小さくなってたりすると
緊張状態にあることが読み取れます。

視野が広い

EQが高い人は、その場にいる全員が感情を読み取る対象となるため、
1人1人の動きを観察しています。そのため、視野は広くなります。

職場で、体調が悪そうな人に誰よりも先に声をかけたり、
飲み会で、空きのグラスを見つけ、次の飲み物を頼むように促したりする人は
視野が広いと言えるでしょう。

このようにEQが高い人は、一般的な”気が利く人”を指した言葉でもあります。

聞き上手

 

聞き上手な人は、高EQである確率が高いです。
先ほどの感情を読み取るための”聞く”とは異なり、ここでの”聞き上手”は相手が
話しやすい
ように立ち回ることです。
具体的には、次のようなことが挙げられます。
・話を最後まで聞く
・相槌が多く、タイミングが上手 
・相手が聞いて欲しい質問をする    
・自分の話を控えめにする

反対に、EQが低い人は人の話を最後まで聞くことができず、思ったことをすぐに言ったり、
一方的に話をしたりします。

人が好き

そもそもEQが高い人は、人が好きであり、積極的に仲良くなろうとします
そのため、相手にとって自分がプラスの存在になるように、上述したような言動をとります。
自慢話などのマウント行為は、相手に不快な思いをさせることを知っているため、
自分の話をあまりしないのも特徴として挙げられます。

むやみに批判・否定をしない

EQが高い人は相手を気遣うことができるため、相手の発言に対し批判・否定的な言葉は
あまり使いません。
もし、相手の発言に間違いがあって、それを正してやる必要がある場合には、
角が立たないように、頭ごなしに否定はせず、優しく伝えることができます。

一方、EQが低い人は相手を気遣うことを知らず、攻撃的な言動をとりやすいため、
頭ごなしに批判するでしょう。

 

まとめ

以上、EQが高い人の特徴をまとめると次の8つです。

・目先の欲にとらわれない
・いつでも冷静
・オープンマインド
・相手の感情を正確に読み取る
・視野が広い
・聞き上手
・人が好き
・むやみに批判・否定をしない
これからわかるように、EQが高い人=”器が大きい””人格者”などに言い換えることができます。
また、職場の人と良好な関係を築けている人は、仕事で成果を出しやすいことも
わかっており、EQを伸ばすことは人生を豊かにできると言っても過言ではありません。
 

 

<今日のなぞかけ>
 
EQが高い人」とかけまして
 
AIを搭載した洗濯機」ととく  
 
 その心は
最適な選択(洗濯)ができる
EQ
スポンサーリンク
シェアする
人生2段飛ばし

コメント