どんな状況でも冷静に行動できる「自己管理スキル」とは?メリットと伸ばす方法!

自己管理スキル EQ
スポンサーリンク

投稿日:2019年12月14日

あなたは、自己管理スキルというものを知っていますか?

自己管理スキルが高い人は、逆境や新しい環境でも、冷静に自分の行動を選択することができ、 成功へ結びつけることができます

そのため、あらゆる仕事で必須となるスキルの1つと言えます。

「自己管理スキル」について学び、そして伸ばすことで、
仕事だけでなくプラベートも上手に進めていきましょう。

 

スポンサーリンク

自己管理スキルとは?

自己管理スキル

自己管理スキルとは、EQ(心の知能指数)を構成する4つのスキルのうちの1つです。

人はある物事に対し、その情報をまず感情で捉え、その次に理性で捉えます。

この2つの捉えた結果が、その後の行動となりますが、
あまりに強烈な出来事の場合、理性で行動をコントロールができず、
感情に体が支配されてしまいます。

自己管理スキルは、感情に体を支配されることなく、あらゆる状況下でも
理性で体をコントロールすることのできるスキルです。

もし、自己管理スキルが十分になければ、感情のままの行動となり、
物事に対し冷静な行動を取ることができず、失敗をしてしまいます。

自己管理スキルのメリット

あなたの職場に、すぐ感情的になって攻撃的な発言をする人はいませんか?

このような人とは、誰もが一緒に仕事はしたくありません。

自己管理スキルが高いと、感情的な態度や行動を抑えることができるため、
職場などの対人関係において良好な関係性を築くことができます。

また、目先の欲求に捉われず、長期的な目線で物事を判断できるため、
一時的な行動を我慢し、その先の目標を達成させることができます。

そのため、自己管理スキルが高い人は、仕事で高い成果を出し続けることができます。


ピンチや逆境の場面でも、プレッシャーに押し潰されることなく、
その状況で最善の行動は何かを、考え抜く能力も備わっているため、
周囲から見ると仕事を任せられるできる人という位置付けにあるでしょう。

もし、チームでの仕事となれば、リーダーに欠かせないスキルでもあります。

自己管理スキルが高い人の特徴

自己管理スキル

自己管理スキルが高い人は、次のような特徴があります。

あなたの周りに当てはまる人がいるなら、ぜひその人を観察してみるといいでしょう。
おそらく、職場のリーダーや管理職の人たちに多い傾向があります。

・怒ったところや、感情的なところを見せない
・人あたり良く、穏やかなイメージを持っている
・人の話に最後まで耳を傾ける
・苦手な人とも上手に仕事をする
・失敗して落ち込んでも、次への切り替えが早い

自己管理スキルが高い人は、生まれ持ってこのような性格や行動を
しているわけではありません。

彼ら・彼女らは、どうすれば仕事で成功を収めることができるかを、
既に真剣に考え、努力した結果、このような状態に自分を持っていっています。


次は、自己管理スキルが低い人の特徴です。
 
・すぐに感情的になる
・気分しだいで、仕事のパフォーマンスが変わる
・人の話を最後まで聞かず、自分の話をする
・人によって態度を変える
・苦手な人とは仕事でも関わらず、その人の陰口を言う
・失敗をいつまでも引きずり、言い訳を繰り返す
・自分の非を認めず、他人のせいにする
 
もし、自分に当てはまるなら、その状況を思い返し、どうするのが正しい行動だったのかを
思い返してみてください。
そうすることで、次に同じ状況になった場合に、より良い行動をとることができます。

万が一、リーダーや管理職の人に、これらが当てはまるようであれば、
その職場は非常に危険な状態にあります。

あなたの仕事での成功やあなた自身の成長の障壁になりかねないため、
環境を変える必要があります。

もっと言うと、自己管理スキルが低い人をリーダーや管理職に昇格させた
さらに上層の人間や会社自体の意識が低い可能性があるため、
思い切って勤め先を変えるのも、あなたのためになるかと思います。

自己管理スキルを伸ばす5つの方法

自己管理スキルを伸ばすことのできる方法を5つ紹介します。

自己管理スキルを高めるには、自己認識スキルをある程度持ち合わせる必要があるため、
まだ自己認識スキルについて理解されていなければ、自己認識スキルの記事も
合わせて読んでいただくことで、効果は大きくなります。

1 ロールモデルの人を見つけ、聞き込む

まず、前述した自己管理スキルが高い特徴の人を見つけましょう。

そして、彼ら・彼女らがしてきた努力や普段から心がけていることを聞き込んで
あなた自身もそれを実践してみましょう。

また、自己管理スキルが高い人は、他の人の自己管理スキルの高い低いがある程度
わかる能力も備わっています。

そのため、あなたの自己管理スキルについて評価してもらい、あなたにあったアドバイス
聞き出せるとより良いでしょう。

2 深く呼吸をする

普段の呼吸を深するよう意識し、ピンチでパニックになりそうな時や緊張している時こそ
深い呼吸をしましょう。

呼吸に効果があるのかと疑問に思うかもしれませんが、
生物学的にれっきとした証拠があります。

脳は身体が必要とする酸素の約20%を消費し、視覚や聴覚、思考、感情のコントロールと
いった基本的な機能から、注意力や集中力といった複雑な機能までを担っている。

そのため、呼吸が浅くなり、酸素が足りなくなると脳の機能が衰え、
感情のコントロールや思考などの能力が低くなるため、
冷静な行動をすることができにくくなります。

また、白熱した議論やイラ立って頭に血が登った時に
意識して深呼吸すると、脳機能の回復だけでなく、呼吸に意識している間
呼吸以外のことを1度頭の外に置いて気分を落ち着かせることができるため、
その状況を冷静に見ることができます。

もし、急いで何か行動をする時こそ、1度立ち止まって深呼吸することで
冷静になり、失敗を回避することができます。


3 笑うことを心がける

「辛い時こそ笑おう」という言葉、どこかで聞いたことありませんか?
実はこの言葉、ちゃんとした理由があります。

脳は、顔の神経や筋肉、声から心の状態を読み取ります。
そのため、ネガティブな気分でも無理やり笑顔にすると、脳は騙されて
ポジティブな気分にしてくれます。

ポジティブな気分になると、ネガティブな狭い思考を振り払い、
リラックスして柔軟に物事を考えることができるので、
笑うことを心がけるといいでしょう。


4 成功をイメージする

自己管理スキルが高い人を見て、自分も同じような行動をとっているところを
イメージしよう。

イメージすることで、その内容が普段の行動に自然と反映され、イメージ通りに
実行しやすくなります

成功姿をイメージすることは、非常に重要であり、自己管理スキルだけでなく、
スポーツでは、イメージトレーニングとして実際に取り入れられています。

イメージするときはなるべく、リラックスしてイメージに集中できる
寝る前が良いでしょう。


5 睡眠の質をあげる

自己管理には、集中力や注意力、柔軟性、感情コントロールが必要となりますが
睡眠の質が悪く睡眠不足になると、脳の機能が低下し、自己管理が難しくなります。

そのため、睡眠の質をより良くするために次の4つの睡眠習慣をおすすめします。

・朝日を浴びる
  体内時計は、朝日を浴びることでリセットされるため、夜決まった時間に眠くなり、
  自然と寝ることができます。

・寝る前にスマホやパソコンの画面を見ない
  スマホやパソコンの画面からの光を見ると、脳は太陽の光と錯覚し、眠りにくい
  状態となってしまいます。

・午後にカフェインを取らない
  眠りの妨げになるカフェインは、摂取してから12時間後に、25%は体内に
  残っているため、午後にカフェインを摂るのは避け、朝に少量摂るのが望ましいです。
  ただ、全くカフェインを取らないのがベストです。

・ベッドを寝る場所だけに使う
  ベッドでは、スマホやパソコンを操作したり、読書したりせずに寝るだけに使うことで、
  脳はベッドを寝る場所と認識し、自然とすぐに眠ることができます。

  同じ理由で、寝る時にパジャマに着替えるとさらに効果があります。

 

まとめ

自己管理スキルが高いと、感情を抑え、より正しい行動ができるため、
仕事の成功において、必要不可欠なスキルです。

高めるためには、普段からの習慣や心がけといった継続的な努力が必要ですが、
1つ1つの難易度は比較的低く、1つでも実践できると大きい効果が得られるスキルでもあるため
今日からでも是非取り組んでみてください。

既に自己管理スキルに自信がある方は、周囲の人の良いところ悪いところを見つけ、
自分に反映させ、もし可能であれば、職場やチームのためにもその人に
フィードバックをしてあげてください。

さらに仕事の質をあげたい方は、EQの他のスキルである「社会的認識スキル」と
「人間関係管理スキル」の記事もご覧ください。

 

 

<今日のなぞかけ>

「自己管理スキル」とかけまして

「夏に食べる蕎麦」ととく

 その心は 「冷静(冷製)がうまいでしょう」

EQ
スポンサーリンク
シェアする
人生2段飛ばし

コメント