コミュ力が高い人が持っている「人間関係管理スキル」とは?メリットと伸ばし方!

人間関係管理スキルとは EQ
スポンサーリンク

投稿日:2019年12月22日

あなたは、人間関係管理スキルというものを知っていますか?

人間関係管理スキルが高い人は、コミュニケーション力が高く、
他者と良好な関係を築くことができます。

そのため、仕事では苦手な人とも協力してプロジェクトを進めることができ、
高い成果を出すことができます。

この記事で「社会的認識スキル」について学び、そして伸ばすことで、
仕事を気持ち良く進めていきましょう。

スポンサーリンク

人間関係管理スキルとは?

人間関係管理スキルは、EQを構成する4つのスキルの1つです。

人間関係管理スキルとは、相手を理解し、また相手に自分を理解してもらうことで
良好な関係性を築き、その絆を利用して相手をマネジメントする力です。

あなたの職場には、相談しやすい上司はいますか?
もしそうなら、その職場はチームとして高い成果を出し続けることができるでしょう。

このような上司は、上司と部下が何でも相談しやすい関係性こそが、仕事を進めるうえで
重要であることを知っており、その関係性を作るために普段から笑顔であったり、
話しやすい環境づくりなどを心がけています。

一方、話しかけにくい上司がいる職場は殺伐としており、仕事の相談ができず
生産性が低い職場である可能性があります。
こちらの上司は、上司と部下の関係性の重要さを理解していないため、成果が出ない場合
自分のマネジメントを疑わず、部下に責任を押し付ける傾向にあります。

そのため、良い上司の条件は業務マネジメントだけでなく、職場の雰囲気を良くする
人間関係管理スキルが求められます

また、上司と部下の関係でなく、顧客や友人との関係性をより良くするのも
人間関係管理スキルであり、仕事全般に共通して重要なスキルと言えます。

このスキルは、EQの他の3つのスキルを必要とするため、
もし「自己認識スキル」「自己管理スキル」「社会的認識スキル」を知らない方は、
先にそちらの記事を見ることをおすすめします。

人間関係管理スキルのメリットと習得のコツ

人間関係管理スキルを高めると、誰かにお願いごとがあるときに、快く「ok!」と
言ってもらえるようになります。

厳密にはこのスキルを高めたから、お願いしやすくなるのではなく、
「ok!」と言ってもらいやすい関係性を築くことができたときに、スキルレベルが
伸びたことになります。

そのため、このスキルを習得する最大のメリットは、相手に「ok!」と言ってもらえる
関係性を築くまでのプロセスを身につけられることになります。

 

では、良好な関係性を築くためのポイントを解説していきます。

結論から言うと、ポイントは信頼の獲得です。

例えば、あなたは職場で、突然隣の部署の面識がない人に「この資料を印刷しといて」と
強い口調で頼まれたとします。

こんな頼まれ方をされて、快く「ok!」と言う人はいないと思います。
なぜなら、あなたはその人について全く信頼がないからです

その人について知らなければ、なぜ頼まれたかもわからず、ましてや強い口調で
敵対心も見せられたなら、その人を信用することなどできません。

当たり前ですが、人は信頼がない人やモノを前向きに捉えることができません。

そのため、人を動かすには信頼を獲得することが第一であり、
それには次のことに気をつける必要があります。

1 情報の開示・共有
先ほどの例えのように、名前や顔さえ知らない人を信頼することは不可能です。

では相手についてどれくらい知っていたら信頼できるかというと
明確に”この情報まで”と線引きできるわけではなく、信頼は深さであると考えます。

これは私の感覚ですが、情報と信頼の深さは次の表のイメージにあります。

より知り得ない情報まで知ってもらうことで、より深い信頼を得ることができます。

また、さらに信頼を獲得するためには、自分の情報をただ知ってもらうのではなく、
互いに情報を共有し合うということです。

人は自分について色々知っている人を信頼することができます。
子供の頃からの友人や、何でも言い合える同僚などがこれにあたります。

では互いの情報を共有し合うためには、普段からコミュニケーションをとるしかありません。
自分の情報を開示しつつ、相手について質問することで少しづつ互いの情報を共有し、
信頼を獲得していくことが重要となります。

2 理由を添える
人が動く原動の大半は、”理由”です。
例えば、次の2つの募金箱に書いてあるメッセージだと、どちらに入れたくなるでしょうか?

A:1円でも結構ですので、募金をお願いします。
B:キレイな水を飲めない人々に井戸作ってあげたいので、募金をお願いします。
多くの人が”B”を選ぶでしょう。
なぜなら、募金の理由が明確になっていて、Aよりも使い道に信頼できるからです。

なので、仕事で何かを頼むときは、理由を添えてお願いするといいでしょう。

営業や広告では、その商品を買わなければならない理由をハッキリと伝えることで
購買意欲を高めることができます。

3 味方意識

強い口調や命令口調では、相手に警戒心を与え信頼が得られず、
簡単な頼みごとも難色を示される可能性があります。

そうならないためにも、味方意識を与え、信用させてあげましょう。

味方意識のコツは次の3つです。

・腰を低くする
・優しい口調
・笑顔、困った顔

この3つで相手よりも立場が下であることを演出し、味方であることを
印象付けることで、信頼を得やすくなります。

 

人間関係管理スキルが高い人の特徴

 

人間関係管理スキルが高い人は、次のような特徴があります。
もし、あなたの上司に当てはまるなら、その職場は人間関係が良好な職場である
ことが伺えます。

・いつも笑顔
・聞き上手
・相槌が多い
・難しい言葉を使わず、上手に説明ができる
・会話での自分と相手の話すバランスが取れている
・素直に相手の良いところを褒めることができる
・素直に自分の非を認め、謝ることができる
・自分の弱さをさらけ出せる
 
一方、社会的認識スキルが低い人は次のような特徴があります。
・相手の意見を受け入れない
・自分の非を認めない
・弱者に対し、高圧的
・悪口や陰口が多い
・あら探しをする
・プライドが高い
あなたに当てはまる項目があるなら、まずはそれを認め、改善する必要があります。
 
ただ、上司に当てはまるなら非常に危険な状態にあります。
自分は変えることができても、他人は変えることはできません。
そのため、上司が変わらない限り、その職場は息苦しく殺伐とした雰囲気のままである
おそれがあります。

人間関係管理スキルを伸ばす2つの方法

  人間関係管理スキルを伸ばす方法を2つ紹介します。  

 

1 心を開いて話す

人間関係管理スキルの基本は、コミュニケーションをとり、互いの情報を
共有することです。

そのため、ただ上部だけのコミュニケーションや一方的に話すだけでは
このスキルは伸びません。

うまく情報を共有するためには、まずあなたから心を開いて、
あなたの情報を伝えましょう。

内容は、昨日驚いたことや最近の悩み、家族のことなど些細なことでもいいので
素直に話しましょう。
そうすることで、相手はあなたを「プライベートの部分まで話してくれる人」と認識し、
あなたを信用してくれるでしょう。

ここで、注意したいのが話す内容でマウンティングをしないことです。

人は潜在意識として、他人よりも強くありたいという本能があります。
この意思が相手に伝わると、信用どころか敵対心が生まれ、逆効果となります。

具体的には、自慢話や悪口などは控えるようにしましょう。

反対に、あなたの失敗した話や、恥をかいた話だと相手の警戒心を下げることが
できるので、おすすめです。

また、コミュニケーション能力が高い人は、自分と相手が話すバランスの取り方
上手です。

自分が話したら、同じことを相手に質問することで自然に相手の情報を
聞き出すこともできます。

もし、周囲にそのようないたら、会話を意識して聞いてみるとすごく勉強になります。

 

2 相手を気遣う言葉を使う

ちょっとしたお願いでも、相手を気遣う言葉を言いましょう。

ありがとうごめん助かりますお疲れ様などの一言を添えるだけでも
良好な関係性を維持することができます。

気遣いの言葉は、部下に指示することが多い上司こそ使用すべきです。
これができれば、部下も気持ちよく仕事に打ち込めることができ、
能力を引き出すことができます。

 

まとめ

人間関係管理スキルは、チームで進める仕事では必須であり、
リーダーこそ習得すべきスキルです。  
スキルの基本は、コミュニケーションですが一方的に話すのではなく、
自分と相手の情報を共有することを意識したコミュニケーションが重要となります。
これにより周囲の信頼を獲得でき、頼みごとをしやすくなり、仕事をスムーズに進めることが
できます。
仕事ができる上司は、人間関係管理スキルが高い傾向にあるため、参考にするといいでしょう。

 

<今日のなぞかけ>

人間関係管理スキル」とかけまして

ラッコ」ととく  

その心は
殻を割る会話(貝は)必要です

EQ
スポンサーリンク
シェアする
人生2段飛ばし

コメント