人を心から動かすことができるゴールデンサークルとは?

ゴールデンサークルとは? ビジネススキル
スポンサーリンク

投稿日:2019年12月26日

営業、プレゼン、人に指示するとき、あなたはどのように話していますか?

話しで相手行動を促すためには、心に響く話し方をする必要があります。
優秀な人たちはその仕組みを理解しており、その人たちの話し方にはある共通点があります。

その共通点がゴールデンサークルです。


ゴールデンサークルを理解し、普段の話し方に取り入れると、
上手く相手を動かすことができ、仕事で高い成果を出すことができます。

また、ゴールデンサークルは話しだけでなく、何かについて考えるときにも効果を発揮します。
より本質を掴み、目標に近くためには必要な考え方とも言えます。

あらゆる仕事・場面で役に立つため、ゴールデンサークルを学んでおいて損はありません。

スポンサーリンク

ゴールデンサークルとは?

ゴールデンサークルとは、サイモン・シネックが提唱した話し方・考え方の構造です。
2009年のTED講義「WHYから始めよ。」で世に広く知れ渡り、
書籍もベストセラーとなりました。

ゴールデンサークルは、このような構造で説明されます。

中心にWHY(なぜそれをするのか)があり、中間にHOW(どうやるのか)、一番外にWHAT(何をするのか)がある3つのサークルです。

この構造で、人に行動を促すことができる話し方と、そうではない話し方が説明できます。

非凡な話し方は「WHAT→HOW→WHY」の順で話すため、ゴールデンサークルの外から
内に向かう方向です。

一方、優れた話し方は「WHY→HOW→WHAT」の順であり、ゴールデンサークルの内から
外に向かう方向です。

相手に行動を促したいなら、上記の図のようにWHYから話す必要があります。
なぜなら、人は何か行動を起こすとき、”なぜ”が原動力となるからです。

優れた人は、この”なぜ”の重要性を理解しているため、ゴールデンサークルを知らなくても、
無意識にWHYから話しています。

ただ、”WHY”の重要性を理解している人は少なく、誰もがWHATとHOWから
話してしまいます。
WHATとHOWから話してしまう理由は、WHYに比べイメージしやすいからです。

ここまでの説明では、ゴールデンサークルの重要性が理解しにくいと思いますので、
次に具合例をあげて説明します。

ゴールデンサークルの例

1.Apple製品

これはサイモン氏がTED講義で、実際に言われた例です。

もしAppleが他の会社と同じCMをすると

WHAT:我々のコンピューターは素晴らしいです。
HOW :デザインが美しく、操作が簡単です。
WHY :(なし)
         :1ついかがですか?
となり、WHATとHOWだけ伝え、WHYは存在しません。
これでは購買意欲をそそることはできません。

そのため、本来のAppleのCMは
WHY :我々は世界を変える信念で行っています
HOW :世界を変える手段は、美しくデザインされ操作が簡単な製品です
WHAT:こうして素晴らしいコンピューターができあがりました
   :1ついかがですか?
前者よりも買いたくなったかと思います。
このように同じ内容でも、ゴールデンサークルを意識するだけで、相手の心への響き方は
大きく変わります。

2.プレゼン

人に働きかけるプレゼンこそ、ゴールデンサークルが重要視されます。
ここでは、様々なプレゼンがあるなかで、成果報告プレゼンを例としてあげます。

多くの人が最初にプレゼンをしたのは、学生時代に行なった成果報告プレゼンだと
思います。
授業の一環で課題に対する調査結果を報告したり、大学生では研究発表などが
あります。

成果報告プレゼンでは多くの人が習慣として、次のような順序で話してきたかと思います。
「背景→課題→目的→方法→結果」
これはまさにゴールデンサークルに沿った話し方です。

例えば

WHY :背景=プラスチック製品が海に捨てられ、海底に蓄積されています
WHY :課題=これにより生態系に悪影響を与えています
WHY :目的=そのためプラスチック製品を減らす必要があります
HOW :方法=それにはプラスチック製品を環境に優しい材料で作ることを考えます
WHAT:結果=実験の結果、ストローを紙で作ることができました
このようなプレゼンをしてきたかと思います。
最初に実験結果を話す人はまずいません。

無意識にやってた順番は、実は相手の心に働きかける最良の形となっていました。

まとめ

ゴールデンサークルは、相手に行動を促すための話し方・考え方であり、
優れた人や企業はここに注力しています。

同じ仕事でも意識するだけで、成果が大きくなるため、様々な場面でゴールデンサークルの図を
頭に浮かべるといいでしょう。

 

<今日のなぞかけ>

「ゴールデンサークル」とかけまして

「忘年会シーズンの体調」ととく  

その心は 「まずは胃(WHY)が大事」

コメント