EQ 副業

”EQが高い人”がブログ執筆に向いている3つの理由

EQが高い人がブログに向いている理由
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

ここ数年、副業が流行っており、これからどの副業を始めるか考えている人は多くいるかと思います。

人気がある副業の1つが”ブログ”です。
当ブログも副業として、2019年から開始しました。

ブログは、自分のサイトを開設し、得意分野や日常についての記事を公開し、閲覧数や紹介した商品の契約数に応じて広告会社から収入を得る仕組みです。

低コストで誰でも始めることができますが、収入が発生するまでに時間がかかってしまうため、挫折する人が多くいます。

収入を得るには、多く人に見てもらえる記事を書かなければいけませんが、初心者のほとんどは見てもらえる記事がかけずに諦めてしまいます。

当ブログを約半年運営し気づいたことは、ブログ執筆に向いている人はEQが高い人に多いということです。

この記事では、これからブログを始める方に向けて、次のような質問に答えられる内容です。

・ブログ執筆で大事なことは?
・なぜEQが高い人が向いているの?
・そもそもEQとは?
ブログ初心者

 

EQが高い人がブログに向いている理由

ブログは誰でも始めることができますが、”読まれる記事”を書くのは誰でもできるわけではありません。

読まれる記事とは、次の要素を含んだ記事です。

ポイント

・ニーズがある
・読みやすい、わかりやすい文章
・読者の疑問を解決できる内容

このうち、読者の疑問を解決できる内容を書くことが、EQが高い人に向いています。

ニーズがある

ニーズがあるとは、自分が書いた記事を読みたいと思う読者が一定数いるかどうかです

せっかく書いた記事も、その情報に興味を持っている人がいなければ、読まれることはありません。

みんながネットで検索しそうなジャンルやキーワードを狙って執筆する必要があり、ニーズがあるかどうかは誰でも無料で調べることができます。

ニーズの調べ方については、次の記事をご参考ください。

関連記事

【執筆中】無料でキーワード検索をする方法

 

読みやすい、わかりやすい文章

”読みやすい、わかりやすい文章”は、誰が読んでもスラスラ読めて、理解できる記事のことです。

例えば、文法的に間違った日本語が使われている文章では、スラスラ読むことができません。

また、前後の文章でつながりがなく突然話が飛んだり結局何が言いたいかわからない文章だと読めたとしても理解がしにくくなります。

そのため、”読みやすい、わかりやすい文章”を書くには次の3つの能力が必要です。

・正しく日本語が使える
・論理的思考力
・要点と結論をわかりやすく

これらは、理系の人に備わっている傾向にあるため、理系の人はブログに向いていると言えます。

なぜ理系の人がブログに向いているかについては、こちらの記事をご覧ください。

 

読者の疑問を解決できる内容

読まれる記事であるためには、読者が欲しい情報をその記事で100%説明できているかが重要です。

検索で出てきた記事に自分が欲しい情報がなければ、最後まで読まれることはなく、読者は他のサイトへ写ってしまいます。

そのため、読者の気持ちを汲み取る力が求められこの力にはEQが必要となります。

EQとは、自分と他人の気持ちを正確に理解する能力です。

EQが高い人は、相手の立場になってその人の気持ちや感情を考えることができるため、読者が欲しい情報を汲み取ることができます。

他にも、読者目線でわかりやすい文章が書けたり、不必要な自分の意見を除いた文章を書くことができます。

まとめると、”読者の疑問を解決できる内容”を書くには次の3つが重要で、これらはEQが高い人が持っています。

ポイント

・読者の気持ちを汲み取る
・読者目線の読みやすい文章
・不必要な自分の意見を押し殺せる

ここからは、”EQについて”と、”なぜEQが高い人にこれらの力があるのか”を解説していきます。

 

EQとは?

EQとは

EQ(Emotional  Quotient) とは心の知能指数と言われ、自分と他者の感情を理解し、適切にコントロールする力です。

IQが頭の良さであるのに対し、EQは心の賢さと理解するとイメージしやすいです。

例えば、職場や周囲にいる”すぐにイライラして感情的な言動をする人”、”ピンチになると逃げ出す人”、”やらなければいけないことを放ったらかしにして、やりたいことだけをする人”などは、適切に自分をコントロールできておらず、EQが低い傾向にあります。

一方、EQが高い人はどんな場面でも冷静な言動をすることができるため、仕事やプライベートでも良い結果を出すことができます。

そのため、”仕事のリーダー”や”できる人”は、EQが高い傾向にあります。

EQの種類

EQは次の4つの能力に分けることができます。

EQの4つの能力

自己認識力
→自分の感情を正確に理解する

自己管理力
→自分の言動を適切にコントロールする

他者認識力
→他者の感情を正確に理解する

人間関係管理力
→他者と良好な関係を築く

ブログ執筆で重要となる能力は、”他者認識力”です。

相手の立場になって、気持ちや感情を理解する力であるため、読者心理を汲み取って読まれやすい記事を書くことができます。

 

 

読者心理を理解する

読者心理を理解する

読まれる記事にするには、読者が欲しい情報を不足なく載せることが必要です。
そのためには、まず読者がどんな情報を欲しがっているのかを正確に理解する必要があります。

例えば、”ブログの始め方”と検索する人は、”ブログ開設の手順”や、”必要なもの”などを知りたがっていることが予想できるので、これらについて書いた記事が読まれます。

さらに、読者心理をもう一歩先まで深読みして、次に調べそうな”開設にかかる費用””おすすめの開設サイト”などまで書かれていると、より読んでもらえる記事となります。

このように、ブログではいかに読者心理を理解するかが重要であり、EQが高い人に向いています。

 

読者目線の読みやすい文章

記事を読んでいる途中に、知らない単語が出てくるとその後の文章は理解しにくくなり、読者は最後まで読む気にならないでしょう。

ブログ執筆でしがちなのが、自分が知っている言葉を読者も知っていると思い、説明なしに使ってしまうことです。

先ほどの例で言うと
”ブログ開設には、まずサーバーをレンタルして、次にドメインを作りましょう”
と書いてしまうと、ブログの知識がない読者は”サーバーって何?””ドメインって何?”となってしまいます。

そのため、記事を執筆するときは、”この言葉は読者はわかるのか?”読者目線になって文章にしなければなりません。

読者の立場になって考えるのに、EQの”他者認識”が活かさせます。

 

自分の意見をおし殺せる

自分の意見を押し殺せる

読者が欲しい情報を不足なく記事に載せることが重要ですが、無駄な情報を載せないことも重要です。

”ブログの始め方”の記事に、
”僕はブログを始めるために、持ち運びがしやすいパソコンを買いました”
のように欲しい情報とは全く関係ないことが書かれていると、読者の情報収集を邪魔してしまうため、読まれない記事となってしまいます。

無駄な情報を書いてしまう原因は、次の2つが考えられます。

・読者の欲しい情報を正確に理解していない
・どうしても主張したい欲がある

”読者の欲しい情報を正確に理解していない”は、先ほどの読者の立場になって考えるができていないため、この情報も読者は欲しがっていると勘違いして書いてしまうパターンです。

”どうしても主張したい欲がある”は、記事を通して自分をアピールしたい欲が強くあるためです。

人間誰しも自己顕示欲があるため、このような欲があるのは当たり前のことですが、ブログでは読者が欲しい情報ではない場合は、その欲をおし殺さなければなりません。

EQが高い人は、このような欲が生じたとき、その欲を理解し、読者心理と冷静に比較して取捨選択ができるため、無駄のない記事を書くことができます。

 

まとめ:EQが高い人がブログに向いている理由

ブログで重要となる”読まれる記事を書く”には、次の3つの要素が重要です。

ポイント

・ニーズがある
→誰でも調べることができる

・読みやすい、わかりやすい文章
→理系が向いている

・読者の疑問を解決できる内容
→EQが高い人が向いている

EQは自分と他人の感情を理解し、適切に言動をコントロールする力のことです。

EQが高い人は、”読者の疑問を解決できる内容”を書くために次のことができるため、ブログに向いています。

・読者の気持ちを汲み取る
・読者目線の読みやすい文章
・不必要な自分の意見を押し殺せる

-EQ, 副業
-,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.