転職

ITエンジニアのポテンシャル採用で学歴は必要か?

ITエンジニアのポテンシャル採用で学歴は必要か?
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

私は2017年に新卒で入社した愛知県内のメーカーを3年で退職し、独立系SIerに転職しました。
これまでIT業界は未経験でしたが、当時27歳だった2020年3月〜4月に転職活動を行い、無事に3社から内定をいただくことができました。

 

IT業界は世界的にITエンジニアの人材不足が深刻化しており、ここ数年IT企業は中途採用枠でも未経験者を積極的に採用しています。

供給面では、ITエンジニアは”将来性があり”、”手に職がつく”、”在宅勤務やフリーランスといった働き方の自由度が高い”などのイメージから、IT未経験から中途採用枠でキャリアチェンジをする人が増えてきています。

IT未経験の中途採用枠をポテンシャル採用といい、ITの経験や知識・スキルは問わず、その人の将来性や能力といったポテンシャルが評価されます

これからITエンジニアにキャリアチェンジを考えている人が、気になることの1つが”学歴”についてだと思います。

この記事では、IT未経験の方に向けて次の質問に回答することができる内容です。

・ポテンシャル採用に学歴は必要か?
・学歴が低い人はIT転職は不可能なのか?
・内定をもらうには何をしたらいいのか?
IT未経験者

 

ITエンジニアのポテンシャル採用で学歴は必要か?

ポテンシャル採用で”学歴が必要なのか?”は、まず結論を言うと”学歴はいりません”。

求人のなかには、”高卒以上”や”大卒以上”と書かれているものがありますが、特に記載がない求人は”学歴不問”ととらえて問題ありません。

一方、ある程度学歴がある人は”採用選考に有利なのか?”については、”さほど有利にならないが、ないよりかはあった方が良い”ぐらいの感覚です。

学歴が必要ない理由としては、その人の将来性や能力といったポテンシャルは、学歴からは判断できないからです。

では、企業側は未経験者のポテンシャルを何で計るかと言うと、項目は大きく次の3つに分けられます。

ポイント

・年齢
・対人スキル
・理系的頭脳

年齢は、”若い人の方が選考では有利になる”という意味で、目安としては29歳以下が望ましく、それ以上の年齢ではハードルがかなり高くなります。

対人スキルは、簡単にいうと”コミュニケーション能力が十分に備わっているか”です。

ポテンシャル採用はITのスキルや知識は不問ですが、あくまで中途採用なので、社会人としてのコミュニケーション能力や協調性が求められます。

理系的頭脳は、”ITエンジニアになれる頭の良さ”があるかです。

ITエンジニアは頭を使う仕事であるため、ある程度賢くないと仕事にならず、計算や数字の扱いといった理系的頭脳が求められます。

学歴は、この理系的頭脳の評価に多少加味されるか、されないかぐらいの判断材料です。

では、”なぜ学歴が理系的頭脳としてでほとんど評価されないか?”というと、他の判断材料で理系的頭脳を評価しているためです。

他の判断材料は、次の章で紹介します。

 

IT未経験者が内定をもらうにはこの3項目を全てクリアせねばならず、これらを”3つの壁”と呼んでいます。

3つの壁の詳細については、こちらの記事をご参考ください。

 

 

学歴は不要だが、理系的頭脳は必要

学歴は不要

ITエンジニアは、専門知識プログラミングスキルが求められるため、ある程度賢くないとなれない職業です。

プログラミングスキルとは、システムやサービスを動かすためにプログラムを作成するスキルのことで、コンピューターが理解できるように特殊な文法やルールに従って作成しなければなりません。

このプログラミングで理系的頭脳が問われ、具体的には次のような能力が必要です。

・論理的思考力
・情報処理能力
・分析力

特にITエンジニアにとってプログラミングスキルは生命線であるため、スキルがなくてもベースとなる理系的頭脳が備わっていなければなりません。

 

論理的思考力

論理的思考力は、物事の関係性を順番につなげていく能力です。

例えば、

CO2排出量が増えたから、海水温度が上がった

と聞いても、”CO2排出”と”海水温度”との関係につながりがないため、理解が難しいでしょう。そのため、

CO2排出量が増えたから、地球温暖化が進み、海水温度が上がった

とすると、"CO2排出"→"地球温暖化"→"海水温度"とつなげることができ、理解することができます。

 

プログラミングでは、作成したプログラムを理解するのはコンピューターであるため、少しでもつながりが切れるとコンピューターはプログラムを理解することができず、サービスやシステムは動かなくなります。

なので、プログラミングには論理的思考力が必要となります。

 

情報処理能力

情報処理能力は、数字や文字を処理する能力のことで、IQをイメージするといいでしょう。

特にコンピューターは基本的に、数字しか理解することができないため、数字に強い必要があります。

例えば、普段使っている10進数(0~9の数字で表現)を、2進数(0と1で表現)に変換したり、ある数字を割り算した時の余りの数で、違うプログラムを動かしたりする場合がります。

 

分析力

分析力は、法則性を見つけたり、ある課題に対して原因を特定する能力です。

例えば、普段の生活で自宅のパソコンがネットにつながらない場合、

・パソコンの設定が悪いのか
・ネット送信の設定が悪いのか
・送信機の電源に問題があるのか
・ネットケーブルに問題があるのか

などのいくつか原因が考えられ、どこが問題なのか特定するために、1つずつ調べていくときに発揮するのが分析力です。

プログラミングでは、少しのミスでシステムやサービスが動かなくなるため、どこが原因なのかを特定したり、もっと能力を上げたいときにどこを変更すれば一番効果的か、などを分析することが求められます。

 

理系的頭脳をアピールするには

理系的頭脳をアピールするには

では、具体的に採用選考での理系的頭脳のアピールついて解説していきます。

アピール方法は、次の2つがあります。

ポイント

・SPI試験、能力テスト
・自己学習

方法というよりも内定をもらうための条件という言い方が正しく、年々IT未経験からの転職志望者が増えて競争倍率が高くなっているのでいかにここでライバルたちに差をつけるかが重要となります。

 

SPI試験・能力テスト

ポテンシャル採用の主な選考フローは次の通りです。

【書類選考+SPI試験(能力テスト)】 → 【1次面接】 → 【最終面接】

最初に書類選考と合わせて、SPI試験もしくは能力テストが実施され、ここで最低限の頭の良さがあるかが評価されます

求人のうち、約5割の企業がSPI試験もしくは独自の能力テストを行なっています。

SPI試験では、主に非言語テスト(数学)構造的把握力テスト(論理力)が実施されます。

非言語テストは計算の仕方などの対策が可能ですが、構造的把握力は文章を正確に読み取り、適切な回答を選ぶものなので対策のしようがないありません。

強いて言ううなら、ネットや参考書等で模擬問題をといて問題に慣れておくことをおすすめします。

 

独自の能力テストは、面接と同じ日に企業先で受けるペーパーテストです。

内容は、漢字の読書きSPI試験の非言語テストに似た問題が多く、SPI試験の対策をしておけば、問題ありません。

しかし、なかには10進数を2進数に変換する問題など、高度な数学問題を出題する企業もあります。

 

事前学習

”経験や知識、スキルは不問”と言っても全く勉強してこなかったら、内定はまずもらえません。

あくまで理系的頭脳は、専門知識やプログラミングスキルの習得できるベースが備わっているかの判断材料なので、アピールとして手っ取り早いのが、すでに知識やプログラミングを学んでおくことです。

採用選考で自分で学んだ知識やプログラミングスキルをアピールすることで、自分の能力を示すことができ、入社後にも戦力になりやすいので非常に効果的です。

IT未経験者がやるべき事前学習としては、”プログラミング学習””IT資格の勉強”です。

これらを勉強して、採用選考でアピールするべきですが、”この参考書を一通り理解しました”と言っても、それがどれくらいのレベルで、本当に理解しているのかは、判断できません。

そのため、一目で判断できるものとして、”資格取得”や”ポートフォリオ(自分で作ったもの)”が有効です。

具体的に取るべき資格などを次にまとめました。

ポイント

・プログラミング学習
→ web系:ポートフォリオ作成
業務系:Java Bronze取得

・IT資格の勉強
→  基本情報技術者取得

 

プログラミング学習

プログラミングについて学ぶうえで少しやっかいなのが、プログラムを作るプログラミング言語は多くの種類があり、作るサービスやシステムによって扱うプログラミング言語が変わるところです。

世の中にはIT技術でできた様々なサービスやシステムがありますが、それぞれ異なるプログラミング言語で作られています。

そのため、志望するIT企業で使われるプログラミング言語を学習しなければなりません

ここでは、IT未経験者が扱う可能性が高いプログラミング言語とやるべきことを紹介します。

 

【Web系】

Web系は、Webブラウザを介して利用するアプリケーションです。
わかりやすい例で言うと、TwitterやFaceBookなどのSNSやGoogle、AmazonなどのWebサービスです。

使用する言語には、HTML、CSS、PHP、などがあり、この3つを勉強し、実際にホームページなどのWebサイトを作ると、選考で良いアピールができます。
自分で作ったWebサイトをポートフォリと言い、自分の力量を示すものとなります。

勉強方法は、”Progate””ドットインストール”などの教材サービスの活用をおすすめします。
費用も月1,080円と低コストで学習できます。

独学が不安な方は、プログラミングスクールに通うと良いでしょう。
転職に向けて、ポートフォリオ作成を目的としたカリキュラムもあり、安心して学ぶことができます。
デメリットとして、費用が高いことが挙げられます。

 

【業務系】

業務系とは、企業で使われる勤怠管理システムや、生産管理システム、金融システムなどのシステムです。

使用する言語は、Javaという言語が多く、Javaは業務系以外でも広く使われており、世の中で最も使用されている言語であるため、業務系にかかわらず勉強しておくと自分のためになります。

勉強方法は、上と同じく”Progate””ドットインストール”などの活用ですが、独学ではどれくらいのスキルがあるか判断しずらいため、プログラミングの資格を取得しましょう

IT未経験者におすすめなのが、Java Bronzeと言うJavaプログラマー向けの資格です。
このJava資格にはBronze → Silver → Goldと3ステップあり、一番下のBronzeはJavaの基本知識を有する証明となります。

問題集とBronze用の参考書を使って1ヶ月も勉強すれば、誰でも取得することができます。

 

また、余裕がある人はBronzeを飛ばしてSilverを取得すると、極めて高い評価を得ることができます。

Silverは、入社後の研修で取得を目標とするぐらいのレベルにあり、未経験からの独学でも1~2ヶ月あれば十分狙える資格です

 

IT資格の勉強

IT系にも国家資格があり、未経験者が狙えて良い武器になるのが”基本情報技術者”です。

この資格は、IT全般の専門知識や会社経営など幅広い知識を持っていることの証明になります。

難易度はそこそこ高く、未経験者なら2~3ヶ月勉強すれば取れるレベルです。

ちなみに、基本情報技術者の下のレベルに”ITパスポート”と言うものがありますが、こちらはレベルがガクッと下がってしまうため、取得しても選考では大したアピールにならないため、取得することはおすすめしません。

 

まとめ:ITエンジニアのポテンシャル採用で学歴は必要か?

ITエンジニアのポテンシャル採用では、学歴は不要ですが、あれば多少は考慮される程度です

選考項目は大きく分けると次の3つです。

・年齢
・対人スキル
・理系的頭脳

学歴が考慮されたとしても理系的頭脳のほんの一部で、主にSPI試験や事前学習が重要度が高いてす。

事前学習では、資格取得やポートフォリオの作成が有効となります。

 

-転職
-,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.