転職

IT未経験で転職するのに必要なスキルは?立ちはだかる”対人スキルの壁”

IT未経験の転職で立ちはだかる対人スキルの壁
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

私は2017年に新卒で入社した愛知県内のメーカーを3年で退職し、独立系SIerに転職しました。
これまでIT業界は未経験でしたが、当時27歳だった2020年3月〜4月に転職活動を行い、無事に3社から内定をいただくことができました。

 

IT業界は、スマートフォン、5G、VR、自動運転などのように技術が急速に発展している一方、世界的にITエンジニアが不足しており、日本では2030年にITエンジニアが78.9万人不足すると予想結果が出ています。

将来の人材不足を危惧して、どの企業もIT人材を確保するため中途採用枠でも未経験者を募集していますが、ここ数年で未経験の志望者数は急増し、競争倍率は高くなっています

IT未経験の場合、内定までに3つの壁を乗り越えなければならず、そのためにどれだけ準備や対策をするかが重要となります。

この記事では、そのうちの1つである”対人スキルの壁”について解説していきます。
具体的には、これから未経験でIT転職を考えている人に向けて、次のような質問に答えられる内容となっています。

・乗り越えるべき3つの壁とは?
・対人スキルとは?なんで重要なの?
・どうやって乗り越えればいいの?
IT未経験者

 

IT未経験の転職で必要なスキルは?

当然のことですが、IT未経験の中途採用では、プログラミングスキルやIT知識の有無は問われません。
だからと言って、誰でも採用されるわけではなく、ある評価基準を満たさなければ採用されません。

その評価基準は大きく3項目あり、ここでは”3つの壁”と言っています。

乗り越えるべき3つの壁

IT未経験者が乗り越えるべき3つの壁は次の通りです。

3つの壁

・年齢の壁
・頭脳の壁
・対人スキルの壁

年齢の壁

年齢の壁は、年齢が高いほど選考では不利になるという意味です。
企業は、IT未経験者をこれから育成していきため、年齢が若い人材を求めています。

全部の求人に年齢制限が記載されているわけではありませんが、感覚として29歳以下であることが望ましいでしょう。

それ以上の年齢では、採用はかなり厳しくなりますが全く可能性が0ということではありません。
年齢の壁について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

 

頭脳の壁

頭脳の壁は、ITエンジニアはある程度のIQや能力が求められるため、最低限の頭脳を持ち合わせていることを証明する必要があります。
具体的には、SPI試験やプログラミング学習など自己学習です。

頭脳の壁について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

 

対人スキルの壁

ここまでで”若くて、頭がいい”という人材だと採用されてもおかしくないと思うかもしれませんが、最後の対人スキルこそが非常に重要で、見落としやすい壁です。

対人スキルの壁は、簡単にいうとコミュニケーション能力が十分に備わっているかです。

なぜ対人スキルが重要かを、次で詳しく解説していきます。

 

対人スキルがなぜ必要か

ITエンジニアと聞くと、パソコンに向かってひたすらカタカタしながら難しそうな画面とにらめっこしているイメージにあるかもしれません。
このイメージは間違いではありませんが、これが仕事の全てではありません、

ITエンジニアの仕事は、ユーザー(お客さん)が望むサービスやシステムを作り上げて提供することです。

そのため、いかにユーザーの要望を理解し、仕様が漏れなく完成させるかが重要となるため、ユーザーとのコミュニケーションが必要となります。

例えば、「アクセス速度を早くして欲しい」という要望に対し、自分なりにアクセスを早くしたつもりが、ユーザーにとっては不十分だったというケースがあります。

このような認識の違いをしないためにも密にコミュニケーションを取る必要があり、この場合だと「アクセス速度は具体的に〇〇秒以下ですか?」と確認する必要があります。

また、実際にサービスやシステムを作っていくときはチームで協力しながら進めていくため、チームメンバーとのコミュニケーションも必要です。

このようにITエンジニアは、多くの人とコミュニケーションをとる必要があるため、対人スキルが求められます。

 

対人スキルとは?

対人スキルは、簡単にいうとコミュニケーション能力と説明しましたが、細かくすると次のようなスキルがあります。

・コミュニケーション能力
・リーダーシップ
・傾聴と表現力
・会話力
・EQ

 

リーダーシップ

ITエンジニアとして経験と積んでいくと、人をまとめてプロジェクト全体を管理するリーダーを任されます
その場合に、進捗確認仕事の割り振りチームの統率などができるかが問われます。

 

傾聴と表現力

傾聴と表現力は、相手の話を100%理解し、自分の考えや思いを100%伝えることです。
上で説明したようにユーザーやチームメンバーとの認識の違いは、仕事で大きなミスにつながります。
これを防ぐためにも、疑問や曖昧な部分は理解するまで質問したり、相手が理解するまでしっかり話したりすることで、お互いが100%理解することが重要であり、大事なスキルと言えます。

 

会話力

会話力は、いかに効率的に会話をするかです。
コミュニケーションはよく取るが、内容がない話や何度も話さなければならない会話は、仕事においてムダとなってしまいます。
そのため、はじめに結論や伝えたいことを話したり、論理的に話を進めることが求められます。

 

EQ

EQは、聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言うと”心の賢さ”です。
自分と相手の気持ちを理解して、適切な行動に移すスキルであり、感情的にならず物事を冷静に判断することができます
また、相手の状態や感情からどうやったら自分の望む通りに動いてもらえるかを理解することもできるため、リーダーには欠かせないスキルです

 

対人スキルのアピールの仕方

対人スキルのアピールの仕方

次に、対人スキルを採用選考でどのようにアピールし、壁を乗り越えるかを説明します。

方法はシンプルで、履歴書に持っている対人スキルについて記載し、面接の時に詳しく話すだけです

履歴書には、前職の業務内容自己PRの欄に記載しましょう。
ポイントは、1人ではなく、他の人と一緒に仕事をしてきたと言うところです。

詳しく説明すると、”どういった立場で””どんな人と””どうやって””どんな成果を出したのか”に注目して書くと、対人スキルを上手く伝えることができます。

一例として、

例文

4人1チームのリーダーとして、メンバーと毎日業務の振り返りを実施し、密に進捗管理と課題整理を行ったことで、これまで3つのプロジェクトは納期内に達成してきました。

特に前職の業務内容の欄では、単純に職種や作業内容を書くだけではもったいないので、例文のような書き方でしっかり対人スキルをアピールしましょう。

一番評価が高いのは、リーダー経験です。
前職でリーダー経験がある人は、強力な経験ですので惜しみなくアピールしましょう。

前職にリーダー経験がない人は、リーダーに近しい経験や、コミュニケーションを大事とする業務についてアピールしましょう。
場合によっては、リーダーと言う明確な立場でなくても、人に指示を出したり、仕事を依頼した経験があれば、リーダー経験としてアピールすることをお勧めします。

 

対人スキルの伸ばし方

対人スキルの伸ばし方

自分の対人スキルに自信がない人や、もっと伸ばしたい人に向けて、対人スキルの伸ばし方について説明します。

1番のおすすめは、職場のリーダーをよく観察することです。

当たり前のことですが、リーダーシップを評価された人がリーダーに慣れるため、職場のリーダーをお手本とするといいでしょう。
日々どうやって、チームやプロジェクトを動かしているかを見れば、対人スキルにはどんなことが重要かが見えてくるはずです。

例えば、仕事を振るときに、ただ用件だけ言うのではなく、雑談を交えて腰を低くしてお願いしたり、仕事に遅れがあった場合は頭ごなしに怒鳴るのではなく一緒に原因と対策を考えるなど、優秀なリーダーほど様々な工夫をしています。

ただ、注意点としてはリーダーという立場にあっても、リーダーの能力が欠けている残念な人もいますので、1人ではなく色々な立場のリーダーを参考にするといいでしょう。

 

また、当ブログでは対人スキルについてそれぞれ詳しくまとめた記事がありますので、こちらもご参考ください。

 

まとめ:IT未経験の転職で必要なスキルは?

IT未経験での転職には”年齢の壁””頭脳の壁””対人スキルの壁”の3つの壁を乗り越えなければなりません。

対人スキルは、ユーザーやチームメンバーと密にコミュニケーションを取る必要があるため重要であり、次のようなスキルが求められます。

・コミュニケーション能力
・リーダーシップ
・傾聴と表現力
・会話力
・EQ

 

採用選考では、これらを活かした業務経験についてアピールすることが大事であり、特にリーダー経験は強力な武器となりますので、惜しみなくアピールしましょう。

 

 

-転職

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.