転職

IT未経験の転職で立ちはだかる3つの壁

IT未経験の転職で立ちはだかる3つの壁
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

私は2017年に新卒で入社した愛知県内のメーカーを3年で退職し、独立系SIerに転職しました。
これまでIT業界は未経験でしたが、当時27歳だった2020年3月〜4月に転職活動を行い、無事に3社から内定をいただくことができました。

ITエンジニアは、将来性があり、在宅勤務やフリーランスといった働き方の自由度が高い仕事のため、IT未経験からの転職志望者は増えており、これからキャリアチェンジを考えている人もいることでしょう。

そのとき不安になるのが、”本当にIT未経験で転職が可能なのか?”という疑問です。

結論を言うと、IT未経験からの転職は可能です。

しかし、転職を果たすためには”3つの壁”を乗り切らねばなりません。

この記事では、これからIT未経験で転職を考えている人の次の質問に答えられる内容となっております。

・IT未経験でも転職するためには?
・応募条件は?
・どういった人が転職に有利なの?
IT未経験者

 

IT未経験での転職で立ちはだかる3つの壁

スマートフォン、5G、VR、自動運転などのように現代ではIT技術が急速に発展している一方、世界的にITエンジニア不足が叫ばれています。

日本では2030年にITエンジニアが78.9万人不足すると予想結果が出ており、そのため、どの企業もIT人材を確保するため、中途採用枠でも未経験者を募集しています。

しかし、IT未経験だからといって誰もが採用してもらえるわけではありません

未経験者の採用では、ITエンジニアの素質や社会人としての能力が重要視されます。

特にここ2,3年で、IT未経験からの志望者数が増加してため、転職の壁は高くなっており、具体的には次の3つの壁が存在します。

・年齢の壁
・頭脳の壁
・対人スキルの壁

 

年齢の壁

年齢の壁

IT未経験の枠では、応募資格に年齢制限がある場合があります。

未経験向け求人のうち、約3割ほどが28歳以下までと設定されており、特に年齢制限がない求人でも、年齢が高いほど選考で不利になります。

感覚としては応募は30歳以下が望ましく、それ以上ではかなりハードルが上がることでしょう。

このように年齢の壁がある理由としては、次の3つがあります。

ポイント

・ある程度の年齢では即戦力が求められる
・年齢的に扱いにくい
・一般的に若い方が覚えが良い

30代となれば、IT業界にかかわらずどの会社でもは中堅社員です。
1人で仕事をこなせて、下の社員たちをまとめるリーダー的ポジションに当たります。

そのため、同じ30代であれば、企業側は未経験者よりもスキルを持った即戦力となる経験者を採用するでしょう。

また、年齢が高いほど若手経験者にとって扱いが難しくなります。

さらに、IT業界では覚えなければならい専門用語や身につけなければならないスキルが多くあり、学習能力が求められます。

一般的に、年齢が若い方が学習能力が高いため、未経験で転職する場合は自分の年齢的ハンデを十分に理解した上で、決意しなければなりません。

 

頭脳の壁

頭脳の壁

ITエンジニアは、非常に頭を使う職業です。

IT技術を駆使して、システムやサービスを創るのが仕事ですが、数字や法則、目に見えないデータなどを扱わなければならないため、理系的頭脳が求められます。

具体的には、学習能力や情報処理能力、論理的思考力、分析力などが必要で、簡単に言うと地頭が良い人IQが高い人でなければなりません。

SPIなどでよく出る、損益算や確率、推論などの計算が問題なくできる人は、頭脳の壁は問題ないでしょう。
学生の頃、数学が苦手だった方はSPI対策が必要となります

私の転職経験では、独自試験で2進数や6進数の計算問題を出題する企業もありました。

IT技術では2進数を扱う場合が多いため、このあたりの知識も持っておくと今後必ず役に立つでしょう。

 

また、プログラミングに対して拒絶意識がないことも条件の1つです。

プログラミングは、ITエンジニアであれば必要なスキルです。
プログラミングを全く知らない人からすると、解読不能なアルファベットの羅列で、見るのも苦痛に感じることでしょう。

しかし、未経験での転職なら、今まで馴染みがないプログラミングに対し、自ら学ぶ意欲や能力があることをアピールする必要があります

このアピールに有効なのが自己学習です。

採用選考で「未経験でありながら、ITについて自ら勉強してきました」と言えるようにしましょう。

むしろ、この自己学習が選考で1番のポイントとなり、自己学習なしでは内定は不可能です

例えば、IT系の資格勉強プログラミング学習、実際に作ったものがあればポートフォリオ(自分の作品)として、アピールすることができます。

IT未経験者の転職活動までにやらなければならい自己学習については、こちらの記事をご参考ください。

 

対人スキルの壁

対人スキルの壁

ITエンジニアは、1人で仕事はできず、必ずチームメンバーやお客さんと協力しながらシステムやサービスを作り上げていきます。

そのため、ITスキルと同じぐらい、コミュニケーション能力会話力といった対人スキルが求められます。

会社によっては、”1社での就業経験2年以上"といった条件がある求人を出すところもあり、この条件の意図としては、転職癖がない真面目な社会人で、社会人としての対人スキルが身についていることを保証した条件と考えられます。

社会人経験がない新卒であれば、仕事で必要なコミュニケーションの仕方や人との接し方を1から教えられますが、”IT未経験の中途採用”ではあくまでIT業界は未経験であるが、社会人経験はあるため、対人スキルを積極的にアピールする必要があります

面接では、コミュニケーション能力に問題ないよう自分の言葉で話せているかや、質問に過不足なく答えれているかなどの会話力が評価されます。

プラス評価となるアピール内容としては、前職でリーダー経験がある人はリーダーとして工夫したことや学んだことを話せると効果的でしょう。
他にも営業での実績や、プレゼンテーション能力なども有効です。

IT業界とは全く別の業界で働いていたとしても、志望する会社で役に立てる対人スキルが必ずあるはずです。そこを上手くアピールしましょう。

 

まとめ:IT未経験者の転職に立ちはだかる3つの壁

IT未経験者での転職では、次の3つの壁があります。

年齢の壁   :30歳以下が望ましい
頭脳の壁   :理系能力と自己学習
対人スキルの壁:コミュニケーション能力など

年々、未経験からのIT転職者の数は増えており、競争倍率は高くなっています。
内定を勝ち取るためにも、これら3つの壁を乗り越えていきましょう。

 

 

-転職

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.