IT転職

IT未経験者はまず適正確認を。エンジニアに向いている人

IT未経験者はまず適正確認を
管理人(じろー)
こんにちは。当ブログ管理者のじろーです。
愛知県で会社員をしながら、ブログ運営をしています。

私は2017年に新卒で入社した愛知県内のメーカーを3年で退職し、独立系SIerに転職しました。
これまでIT業界は未経験でしたが、当時27歳だった2020年3月〜4月に転職活動を行い、無事に3社から内定をいただくことができました。

 

ここ数年、未経験でITエンジニアを志望する人は増えており、理由としては将来性がある業界手に職をつけたいフリーランスや在宅勤務といった働き方の自由度が高いなどがあります。

企業では将来のIT人材不足を危惧して、中途採用枠でも未経験者を募集してところが増えていますが、いざ入社して働いてみたら、自分にまったく合わず、やめてしまう人も多くいます。

そのため、これからIT業界への転職を考えている人は、まずは自分がITエンジニアに向いているかを適性を確認しておく必要があります。

この記事では、IT未経験者に次のような疑問に答えることができる内容です。

・ITエンジニアの適性を確認する方法は?
・向いている人の特徴は?
IT未経験者

 

IT未経験者はまず適正確認

IT(Information Technology)は日本語で情報処理技術と言い、ITエンジニアと聞くと情報系の専門学校や大学を出ている人がなれる職業というイメージが強いでしょう。

まさしくその通りで、ITエンジニアは専門知識やスキルが必要とされルため、ある程度勉強しないと仕事になりません。

特に、計算能力ロジカルシンキングプログラミングスキルなどが求められ、ある程度の理系的頭脳が求められます。

そのため、IT未経験者は転職活動前に”自分にその能力があるのか””今後IT業界でも頑張っていけるのか”を確かめておく必要があります。

 

採用する企業も、内定者が入社後にミスマッチで辞められると痛手となるため、採用基準では頭脳的適性がみられます。

なので、IT未経験者は事前にある程度勉強し、適性があることをアピールしなければ内定をもらうことはできません。

 

適正の確認方法

適正確認の方法

理系的頭脳の適性を確認するには、次の2つがあります。

ポイント

・プログラミング学習
・SPI試験

プログラミング学習

ITエンジニアにはプログラミングスキルが必須なので、事前に学習し、向き・不向きを確認しましょう。

世の中には、初心者向けのプログラミングの参考書が多く出回っており、書籍での独学もできますが、おすすめはネット教材を使った学習です。

初心者向けのネット教材も充実しており、プログラミングの基礎を一通り学ぶことできます。

 

ネット学習のメリット

ネット教材をおすすめする理由は3つです。

ネット教材のメリット

・低価格
・内容が充実している
・場所を選ばない(スマホがあればOK)

参考者は1冊1,000~3,000円程かかりますが、ネット教材だと月額1,080円です。
1ヶ月だけ集中して勉強するなら、1,080円しかかかりません。

また、プログラミングをするには多くの種類があるプログラミング言語のうち1つを選ばなければなりません。
参考書1冊では、1つのプログラミング言語しか学べませんが、ネット教材ではいくつものプログラミング言語を定額で学習することができます。

さらに、スマホでも学習することができるため、場所を選ばず、電車移動やちょっとした隙間時間も有効活用をすることができます。

 

ネット教材で適性を確認したい場合は、適当なプログラミング言語を1つ選び、そのコースをまずは1通り実施してみましょう。

 

おすすめネット教材

初心者におすすめのネット教材は2つです。

おすすめネット教材

・Progate
・ドットインストール

Progateは、ブラウザ版とアプリ版の2種類があり、画面上で実際にプログラミングコードを書きながら学習することができます。

学習を進めていくとレベルが上がっていくので、ゲーム感覚で学べます。料金は月額1,080円です。

Progateの公式サイトへはこちらから

Progate

 

ドットインストールは、初心者向けの動画教材です。

解説付きの動画で多くのプログラミング言語を学ぶことができ、さらに簡単なゲームや機能を作るのも学ぶことができます。
料金は月額1,080円です。

ドットインストールの公式サイトはこちらから

ドットインストール

 

SPI試験

IT未経験を対象とした求人の採用選考は、主に次の通りです。

選考フロー

ほとんどの企業で、はじめにSPI試験もしくは独自の能力試験は実施され、理系的頭脳を審査されます。

そのため、SPI試験の事前学習をして自分の適性を見極める必要があります。

IT未経験のSPI試験では、主に次の2つのテストが実施されます。

・非言語テスト
・構造的把握力テスト

 

非言語テスト

非言語テストは、四則演算や確率、推論といった数学のテストです。

数学が苦手な人には、つらいテストとなりますが一度模擬問題を解いてみましょう。

ネットで調べると模擬問題はたくさん出てきます。

非言語テストは、数種類のパターンがあるため、対策ができていれば誰でも突破することができます。

 

構造的把握力テスト

構造的把握力テストは、長文を読み、内容から推測できる状況や対策などを選択肢から回答する問題です。

主にロジカルシンキング能力が問われます。

これも模擬問題を一通りやってみることで適性が確認できます。

しかし、このテストは決まった計算方法などの対策がないため、本番の試験対策としては何度も解いて問題に慣れることしかできません。

 

ITエンジニアに向いている人の特徴

ITエンジニアに向いている人

ここまでで、理系的頭脳の適性について解説してきました。

ここからは、頭脳以外で向いている人と向いていない人の特徴を紹介していきます。

向いている人の特徴

・パズルや脱出ゲームが好き
・パソコン作業に抵抗がない
・お金の計算など数字が得意

パズルや脱出ゲームが好き

前でも説明したようにITエンジニアは頭を使う職業です。

特にプログラミングでは複雑なコードを自分で組み立てていくため、、パズルや脱出ゲームといった頭脳ゲームが好きな人には向いています。

 

パソコン作業に抵抗がない

作業はほぼ全てパソコン作業であるため、普段からパソコンを使って仕事をしている人や、パソコン操作に抵抗感がない人であればOKです。

 

お金の計算など数字が得意

前でも説明したように計算能力などの理系的頭脳が求められるため、計算や数字の扱いに抵抗感がない人が望ましいです。

例えば、日常のお金の計算などがスムーズにできているなら問題ありません。

 

 

ITエンジニアに向いていない人の特徴

一方、エンジニアに向いていない人の特徴はこちらです。

向いていない人の特徴

・普段からパソコンを使わない
・計算や数字が苦手
・英語に拒絶反応がある

 

普段からパソコンを使わない

パソコン慣れしていない人にとっては、かなりハードルが高い職業です。

Windows? Cドライブ? USB?
って方は向いていません。

計算や数字が苦手

これまで数学が苦手で、計算や数字を扱うのに抵抗がある人は向いていません。

お釣りの計算が面倒で、いつも財布の中に小銭がいっぱいな人は不向きかもしれません。

英語に拒絶反応がある

プログラミングで使用する文字は、アルファベットと数字のみです。

英語の文法を使うわけではありませんが、プログラミングには英単語を読み書きするため、アルファベットを見るだけでも拒絶反応がある人は向いていません。

例えば、次のような英単語が頻発します。

public, if, while, break, for , class

 

 

まとめ:IT未経験者はまず適正確認

IT未経験者が転職をするときは、事前に自分のエンジニア適性を確認する必要があります。

適性項目としては、”プログラミング学習””SPI試験”の2つで、プログラミングでは次の2つのネット教材でどれか1つのプログラミング言語の初級コースをやって見ることをおすすめします。

・Progate
・ドットインストール

SPI試験では、次の2つのテストについて模擬問題を解き、自分の理系的頭脳を確認するといいでしょう。

 

おすすめ記事

【地域別】おすすめの通学型プログラミングスクール 1

地域ごとのおすすめのプログラミングスクールをご紹介します。 教室に通い講師から直接プログラミングを学びたい方は、ここで自宅近くのプログラミングスクールを探せます。   北海道・東北地方 札幌 ...

未経験からITエンジニアを目指している方は、プログラミングを挫折せずに学ぶためにプログラミングスクールがおすすめです。この記事では、どこでも学習できるおすすめのオンラインスクールを6校ご紹介します。 2

自宅近くにプログラミングスクールがないなぁ 管理人(じろー)そんな方には、オンラインスクールがおすすめです オンラインスクールは、教室に通学しなくてもネットとパソコンがあればどこでもプログラミングの授 ...

-IT転職
-,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.