IT転職

SPI 性格検査で失敗しても合格の可能性はある!

SPI性格検査で失敗しても合格の可能性はある!

SPI試験を受けたことがありますか?
SPI試験は一般常識や情報処理能力、論理力、性格などを総合的に評価する試験であり、採用選考で導入している企業が多くあります。
これまで就活や転職で受験したことがある人はたくさんいるかと思います。

SPI試験の特徴の1つが、試験結果を本人は知ることはできず、企業側にしか公開されないことです。
そのため、試験後に自分がどれくらい正解していたかはわからず、企業から送られてくる選考の合否結果でしか判断することができません。

特に性格検査は、正解・不正解があるわけではないため、選考結果にどのくらい影響しているかは全く予想できません
「自分の性格に難があるかもしれない」、「矛盾した回答をしてしまったかもしれない」と試験後に不安に思った経験があったり、最近受験して現に不安を抱えながら結果待ちをしている人もいると思います。

そういった人たちの参考情報として、過去に著者の私がSPI試験の性格検査で大失敗した経験を解説していきます。

 

SPI性格検査の目的

SPI試験は、大きく”能力テスト”と”性格検査”の2種類に分けることができます。

能力テスト

・言語能力、非言語能力、英語能力、構造的把握力の4種類
・正解、不正解が明確である

性格検査

・質問に対し、自分がどれくらい当てはまるかを選択肢から選ぶ
・質問数が多く、同じような質問が何回か出てくる
・正解、不正解がない

能力テストは、正答数から算出されたスコアが受験者の実力として評価されますが、性格検査は評価基準がイメージしにくいです。
企業側は性格検査で何を評価しているかと、主に次の2つです。

ポイント

職種や人柄の適正
性格の一貫性

職種や人柄の適正は、企業が求める人物像にマッチしているかを見ています。
例えば、営業やチームで取り組む仕事では、コミュニケーション力や対人スキルが求められますが、性格検査では内向的や自力思考が強すぎる性格ではミスマッチが生じ、入社しても十分に力を発揮できない可能性があります。
場合によっては、会社をやめる人が出てくることもあり、企業にとってはこれから育てていく人材を失う大きな損失となるため、ミスマッチを避けたく、性格検査である程度の適正を評価しています。

性格の一貫性は、簡単に言うと”ウソをついていないか”です。
ズル賢い人だと企業が求める人物像となるように、ウソをついてまで自分の性格とは異なる回答をしようとする人がいます。
このウソがまかり通るなら、性格検査を実施する意味がなくなります。
そのため、適正な検査を行うために、性格検査ではウソがバレる仕組みとなっています
その仕組みの1つが、同じような質問に対し同じ結果が得られるかです。

性格検査では、同じような質問が何度も出てきます。
例えば、
「何事も計画を立てて行動に移している」
「思いついたらすぐに行動に移す」
このように前の質問を裏返した質問が出題され、どちらも”計画的”か”即行動”かの2択を問う質問です。
前の質問ではAだったのに、後の同じような質問でBになっていれば一貫した回答になっておらず、ウソをついている可能性が高くなってしまいます。

他にも質問ごとの回答時間からもウソを見抜く仕組みもあり、性格検査を受ける際は、ウソは必ずバレると思い素直に答えるのがベストです。

素直に答えても回答を間違ったり、無意識に一貫性のない回答をしてしまうことがあるでしょう。
企業ごとに能力テストと性格検査の重要比率は異なるため、一概には言えませんが、1つでもおかしな回答をしたからと言って、合否に大きく影響することはありません。

 

SPI性格診断でやってしまった大失敗

性格検査でやってしまった大失敗

性格検査のちょっとしたミスだけで不合格にならないとしても、やはり不安になる人はいると思います。
そんな方へ安心できる情報として、著者の失敗談を載せました。

著者の私は、これまで2回SPI性格検査を受けました。
1回目は2016年の新卒採用選考で、2回目は2020年の中途採用選考で受けました。

2020年の中途採用では、前職のメーカー技術職からITエンジニアへのキャリアチェンジで転職活動を行いました。
そのとき応募した第一志望の企業は、次のような選考フローでした。
【書類選考+SPI試験】 → 【1次面接】 → 【最終面接】 → 内定

このSPI試験では、言語・非言語テスト、構造的把握力テスト、性格検査を受けました。
能力テストは感覚的に8割ほどは取れたのですが、最後の性格検査で大失敗をしてしまいました。

どんな失敗かというと、回答欄を間違えて自分の性格とは真逆の選択肢を回答してしまいました。
試験画面のイメージのように右上に回答欄の説明があったのですが、しっかり確認せず「1全く当てはまらない」「5よく当てはまる」と勘違いしていました。
しかも、200問中ちょうど半分答えたところでそのミスに気づき、回答を修正しようとしましたが前の質問に戻ることができないシステムでした。
なんとも恥ずかしい失敗です。。。

試験画面のイメージ

第一志望だったのもあって、ミスに気付いたときはかなりのショックを受け、冷静にいられなかった私は残りの半分の質問は、本来の回答蘭通りに自分の性格を回答してしまいました。
どういうことかというと、前半と後半で真逆の性格になっているということです。

一貫した回答が全くできていない矛盾だらけの結果になってしまいました。
もし冷静で入られていたら、前半と同じように回答をし、性格は違っても一貫した回答はできていたかもしれません。

自分が情けなく、選考結果が知らされるまでの一週間はひどく落ち込んでいました。

 

選考結果は?

選考結果

選考結果を知るまでは不合格だと思い込んでいましたが、なんとSPI試験は合格でした
激しく落ち込んでいた分、大喜びしたのを覚えています。

あまりにひどい回答だったので、次の面接で突っ込まれると思っていましたが、1次面接でも最終面接でも性格検査について全く問われることはありませんでした。
そして、無事にこの企業から内定をいただくことができました

まさかあんな回答で内定をもらえるとは思ってもいませんでした。
企業名は公表できませんが、従業員約1万人規模のSIerです。

 

まとめ:SPI性格診断での失敗

この記事で伝えたいことは、次の2つです。

・性格検査で失敗しても意外と大丈夫
・しっかり問題を読む

 

性格検査の重要度は、企業にとって異なり、私の場合はたまたま合格できただけで、他の企業なら不合格となっているかもしれません。
しかし、このように性格検査で失敗したからといって合格の可能性が0%にはならないので安心してください。

また、私が言える立場ではありませんが問題文はしっかり読みましょう。
順調に試験を進めて、安心しだしたときこそ十分な注意が必要です

-IT転職
-,

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.