ビジネススキル

VUCA時代はプログラミングで生き残れ!

VUCA時代はプログラミングで生き残れ

あなたは自分の将来について、本気で考えたことがありますか?

多くの人が"将来が不安"と思っているかもしれません。
"将来に不安がない"と思う方は、この記事を読む必要がありませんが、次の質問まで読んでみてください。

・今の会社が定年まで存続していますか?
・会社が定年まで雇ってくれる保証がありますか?
・老後は働かずとも安心して過ごせますか?

脅すような質問ですが、今の日本はどんな大企業でも先行き不透明な時代に突入しました

衝撃的ニュースとして、日本を代表する大企業のトヨタ自動車でさえ、2019年に社長が「終身雇用は保証できない」と発言しています。
他にも大手企業が黒字経営のなか、45歳を目処に早期退職を進めています。

2020年時点でこの状況なら、衰退の道を進む日本経済では20,30年後はさらに悪化した雇用形態となっていることでしょう。

このような先が見ない現代をVUCA(ブーカ)といい、従来の考え方のままでは時代に取り残され、生き抜くことさえ難しくなります。

これからは、1人1人が将来を見据え、時代に合った生き残り方を身につける必要があります。その方法の1つがプログラミングです。

この記事では、なぜVUCAの時代にプログラミングを学ぶべきかを解説していきます。

VUCA(ブーカ)とは

VUCAとは、次の4つの言葉の頭文字でできています。
・Volatility   :変動性、不安定さ
・Uncertainty:不確実性
・Complexity :複雑性
・Ambiguity   :曖昧性、不明確さ

これらをまとめると、変化のスピードが早くビジネス環境が複雑化するため、将来の予測が困難という意味です。

VUCA時代の突入は、2010年頃から世界各所で言われるようになりました。
現代は、IT産業の急成長によりスマホの普及やAI、5G、IoTなど新しい技術がどんどん出始め、生活環境が数年単位で大きく変わっていることは誰もが実感しているでしょう。
他にも自動車業界では、電気自動車や自動運転など従来型から大きく変化しようとしており、100年に1度の大変革期と呼ばれています。

このように幅広い業界で、今までにない激しい変化が訪れており、どんな大企業でも10年先が不透明な時代です。

VUCA時代にプログラミングを学ぶべき理由

将来を予測することはかなり難しく、予測できたとしても現状のまま変化に対応することはさらに難しいです。
そのため、VUCA時代で重要となるのが現状の環境のまま乗り切ることではなく、あらゆる変化に対応できる能力を身につけることです。

会社員を例にすると、現職に固執せずどこでも稼げるスキルを身につける必要があります。
日本はこれまで、良い大学を出て大企業に就職することが安定と思われてきましたが、これからは個人で乗り切れる力を身につけてこそ安定という考え方が主流になります。

では、個人で乗り切れるスキルとは?
この疑問の答えの1つがプログラミングです。

プログラミングと聞くと、何だか難しそうで情報処理系の学部や専門学校ではないと、身に付かないというイメージがあるかもしれません。

これは半分正解で半分間違いです。確かに初めは難しそうに見えるかもしれませんが、プログラミングに馴染みがなく、イメージがないだけです。
人はやったことがないことを難しく捉える習性があり、自分の中で高い壁を作ってしまいます。しかし、いざ1歩踏み出してみると、イメージすることができ壁を取り払うことができます。

今ではプログラミングスクールやネット教材も充実しており、誰でもプログラミングを気軽に学ぶことができます。

ではなぜ、VUCAの時代にプログラミングを学ぶべきかを次の4つの項目で解説していきます。

・IT業界の将来が明るい
・ロジカルシンキングが身につく
・汎用性がある
・個人で稼げる

IT業界の将来が明るい

IT産業が急成長しているなか、IT人材が不足しているのをご存知でしょうか?
経済産業省の報告では、日本のIT人材は現在17.1万人不足しており、2030年には78.9万人不足すると予想している。

IT人材不足の背景には日本の人口減少問題があり、2019年からすでに退職者数が就職者数を上回っており、人材確保が難しい状況です。

このようにプログラミングができるITエンジニアは貴重な存在となるため、今後プログラミングを身につけておくと、あなたの市場価値を大きく向上させることができます

ロジカルシンキングが身につく

ロジカルシンキングとは、論理的に考える能力です。
論理的とは2つの関係性を結び付けることです

例えば、車の交通量と排出ガスの関係性は、車の交通量が増えると排出ガスも増えるという関係にあります。

一見簡単そうですが、仕事では状況がより複雑であり、頭の中での処理が追いつかず、正確に仕事を進めることができません。
ロジカルシンキングを必要としない仕事は存在しないため、全員が身につけるべきスキルです。

むしろ、部長やリーダーなど人の上に立つ人はロジカルシンキングが必須であり、極めれば多くの仕事で活躍することができます
これぐらいロジカルシンキングは仕事において重要です。

なぜ、プログラミングでロジカルシンキングが身につくかと言うと、コンピューターを相手にするからです。
プログラミングは、コンピューター処理できるように指示を書いていくため、論理的に書く必要があります。

例えば、学校のクラス成績から優れた学生を見つけるときに、"優秀な人は誰?"とコンピューターに指示しても伝わりません。

どうすればいいかというと、"テストで点数が1番高い人は誰?"や"各科目のテスト点数の合計を求め、合計点が1番高い人は誰?"と言う必要があります。

ここでは、”優秀な人はテストの点数が高い”と繋げてから、指示をする必要があります。

このようにプログラミングを学ぶことで、自然とロジカルシンキングが身につくため、エンジニアとしてだけでなく、人として成長することができます。

汎用性がある

プログラミングは目的ではなく、モノやサービスを作る手段です

世の中にはスマホや家電、車、ネットサービスなどIT技術からなる製品やサービスに溢れています。
これらは全て誰かが作ったプログラミング通りに動いています。
そのため、プログラミングを学ぶことは色々な製品やサービスを作ることができるスキルを持つということです。

しかし、勘違いがないように説明すると、プログラミングには種類があり、この種類のことをプログラミング言語と言います。
プログラミング言語にはそれぞれ特徴があり、作ろうとする製品やサービスに適したプログラミング言語を選ぶ必要があります。
例として、webサイトでは”PHP”であったり、モノに書き込むには”C言語”などがあり、世の中に使われている主要なプログラミング言語は数百種類もあります。

そのため、1つのプログラミング言語を学んだからといって、全ての製品やサービスを作れるわけではありません。
しかし、1つのプログラミング言語を習得するだけでも、できることは幅広く、なかにはITエン1種類だけで定年まで働くITエンジニアもいます。

習得しているプログラミング言語以外を身につける場合、全く0からというわけでなく、共通した考え方などがあるため、習得が早いです。
そのため、世の中の変化に合わせて様々なプログラミング言語を身につけていくことができるため、最初の1つを身につければ将来の幅を大きく広げることができます

また、プログラミングは今では誰でも学ぶことができ、難易度も高くはありません。

今後需要が減らない医者や弁護士、看護師などは学校に通ったり、試験に通る必要がありますが、プログラミングは独学で学ぶことができます。

個人で稼げる

プログラミングに必要なのは、パソコンとネット環境だけです。
この2つがあれば、1人でもアプリ、Webサービス、ゲームなどを作ることができます。
そのため、起業しやすいスキルの1つです。

SNSで有名なFaceBookは、創業者のマーク・ザッカーバーグが1人でサービスを作ったのが始まりです。

また、起業しなくともプログラミングで独立することができます。
フリーランスという働き方をご存知でしょうか。
会社に属さず、個人で企業から仕事をもらい、納品することで対価を得る働き方です。

前述したように現在でもすでにIT人材が不足しているため、企業からすると1人でもITエンジニアを確保したいので、個人でも仕事を得ることができます。

最近ではフリーランスエンジニアの数が急増しており、その理由として会社員よりも収入が高く働き方の自由度が高いことが挙げられます。
一方、デメリットとして収入が不安定が挙げられますが、プログラミングの案件は増えおり、経験があれば食いっぱぐれることはありません。

フリーランスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

これらのようにプログラミングを身につけると、起業や独立がしやすく変化が激しいVUCAの時代を個人の力で生き抜くことができます。

まとめ:VUCA時代はプログラミングで生き残れ!

VUCAの時代にプログラミングを学ぶ理由をまとめると、次の4つです。

IT業界の将来が明るい
今後ITエンジニア不足がさらに加速する。ロジカルシンキングが身につく
論理的なプログラミングしか機能させることができないため、自然とロジカルシンキングが身につく。汎用性がある
1つのプログラミング言語を覚えるだけで様々なモノやサービスが作ることができ、他のプログラミング言語を習得しやすくなる。

個人で稼げる
プログラミングだけで企業から仕事を取ることができ、自分のサービスを作れる。

これから先を予測することは誰もできません。
時代の変化に対応できるよう、この機会にプログラミングを学ばれてはいかがでしょうか?

プログラミングを身につけることは、必ずあなたのためになります。

-ビジネススキル

Copyright© 人生2段飛ばし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.